本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

バトルフィールド ハードラインにオススメのBTOパソコンはコレ! ~ 捜査官になりきる快適スペックPC

バトルフィールド ハードラインにオススメのBTOパソコンはコレ! ~ 捜査官になりきる快適スペックPC

バトルフィールド ハードラインはアメリカの犯罪ドラマをモチーフにしたFPSゲームです。いままでのFPSゲームとはちょっと趣向の違うゲームをプレイしたい方や犯罪ドラマが大好きな方には注目せざるを得ないゲームのひとつだとおもいます。

一瞬の判断や動作が生死を分けるFPSは他のゲームジャンルに比べるとマシンスペックにはより一層気をつけたいものです。マルチプレイヤーモードのようなたくさんのプレイヤーと戦闘を共にする場面はもちろん、シングルプレイでもスペック不足ではせっかくのゲームの楽しみも台無しになってしまいそうですよね。それは絶対に避けたいところです。

BTOパソコンを展開するドスパラはバトルフィールド ハードラインを快適にプレイできる推奨ゲーミングPCを発売しています。この記事ではこの推奨PCの情報をお届けしますね。

バトルフィールド ハードライン動作必要スペック

バトルフィールド ハードラインの動作必要スペックスペックは以下のようになっています。

(動作必要スペック)
OS:64bit版Windows Vista(+SP2)
CPU:動作クロック2.4GHz以上のCore i5・i3
もしくは動作クロック2.8GHz以上のPhenom II・Athlon II以上
メインメモリ容量:4GB以上
GPU:GeForce GTX 260もしくはATI Radeon HD 5770以上
グラフィックスメモリ容量:896MB以上

上記の動作必要スペックを見ると、バトルフィールド ハードラインに要求されるスペックはそこまで高いものではないようです。メモリ容量が4GB必要な点は注意が必要ですが、現在ご利用のPCでも十分に動作する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
このあたりのことを考えると、他のゲームに比べるとゲーミングPC選びはスムーズかもしれません。

では、バトルフィールド ハードライン推奨PCを見てみましょう。

ガレリア バトルフィールド ハードライン 推奨グラフィックスカード搭載PC XT

この推奨PCはバトルフィールド ハードラインを動作する分には十分な性能を揃えています。ただしグラフィックスカードの性能から考えると、最高品質でプレイするのは難しいかもしれません。FPSに求められるスムーズな動作や描画を求めるとすれば、標準画質や低画質でプレイすることになりそうです。
とはいえ必要動作スペックを十分に上回る性能ですから、プレイに問題はないでしょう。

GALLERIA XT
バトルフィールド ハードラインにオススメのBTOパソコンはコレ! ~ 捜査官になりきる快適スペックPC
Windows 10 Home 64bit
インテル Core i7-6700
NVIDIA GeForce GTX960 2GB
メモリ16GB
SSD480GB
HDD2TB
129,580 円

ガレリア バトルフィールド ハードライン 推奨グラフィックスカード搭載PC XF

上記の動作必要スペックで挙げられているグラフィックスカードはあくまで「動作に必要」なものですから、予算が許すのであればできるだけ高性能のものを用意したほうがよいでしょう。もちろんバトルフィールド ハードラインだけではなく、他のゲームを楽しむためにも「使いまわせるパソコン」としてパーツの性能には気を配りたいですね。
グラフィックスカードの性能がとても高いため、このような使い方を考えている方にはこちらのマシンがおすすめできます。

独特なシステムで繰り広げられるFPSゲーム、バトルフィールド ハードラインを楽しみたい方はぜひ推奨ゲーミングPCの利用を選択肢に入れてみてください!

GALLERIA XF
バトルフィールド ハードラインにオススメのBTOパソコンはコレ! ~ 捜査官になりきる快適スペックPC
Windows 10 Home 64bit
インテル Core i7-6700
NVIDIA GeForce GTX1070 8GB
メモリ8GB
SSD480GB
HDD2TB
169,980円

このページは「バトルフィールド ハードラインにオススメのBTOパソコンはコレ! ~ 捜査官になりきる快適スペックPC」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。