本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

ゲーミングPC購入前に【必ず】チェックしておきたい3つのパーツ(グラフィックボード・CPU・メモリ)

ゲームを快適にプレイするためにゲーミングPCの購入を考えている方は、ゲーミングPC購入前に「グラフィックボード」「CPU」「メモリ」この3つのパーツを必ずチェックしましょう!

その1:グラフィックボードの選び方

グラフィックボードは、ビデオカード、VGA、グラボなど、様々な名称で呼ばれます。ゲーミングPCはCPUよりもグラフィックボードの性能が重要で、特に美麗な3DのオンラインゲームをプレイするためにゲーミングPCを検討中なのであれば最重要なパーツだといえます。

グラフィックボードは、モニターディスプレイに映像を映すためのパーツで、画面の中で「何をどのように」映すかを制御しています。グラフィックボードの主な役割は2Dと3D映像を区別し処理します。そして、3D映像を速く正確に処理できるかが性能を測る基準となります。グラフィックボードの頭脳にあたるチップを「GPU」と言い、3D処理はこのGPUの性能が大きく影響します。

グラフィックボードを選ぶ基準として、高性能=高価という基準で選んでも問題ないといわれています。メーカーとブランドでは、NVIDIAのGeForce(ジーフォース)シリーズ、AMDのRadeon(ラデオン)シリーズが有名です。GeForceシリーズはシェアが広く、3Dゲームを元に開発されているものも多いため、ゲームにおいて不具合などが少ないと評価され人気があります。ゲームの推奨動作環境にもGeForceシリーズの製品が採用されていることが多いです。Radeonシリーズは、GeForceと同程度の性能の「GPU」を低価格で購入できるという理由で人気があります。グラフィックボードを選ぶことが初めてであれば多くのゲームの推奨スペックで採用されているGeForceシリーズから選択することがオススメです。

その2:CPUの選び方

CPUは、パソコンの頭脳にあたるパーツです。CPUの主な性能は、クロック数(動作周波数)とターボブースト、コア数、スレッド数で表されます。

クロック数は処理速度を表し、速い(数字が大きい)ほど処理能力が高く、3.0GHz(ギガヘルツ)のように表記されます。

ターボブースト(TB)は、一時的にクロック数を上げることが出来る機能のことを言い、ターボブーストに対応しているCPUは、動作周波数3.5GHz(最大3.9GHz)や(TB時3.9GHz)のように表記されます。

コアとは、CPUの中心部で処理が実際に行われる部分のことを指します。従来は1つのCPUに1つのコア(シングルコア)でしたが、CPUの処理能力向上のために開発された技術により、2つのコア持つデュアルコア、4つのコアを持つクアッドコアなど、複数のコアがあるものが登場しました。これらをマルチコアと総称しています。

スレッド数とは、1つのコアで複数コア分の処理を疑似的に処理させる技術で、2スレッドなどと呼びます。

CPUは、以上のような各種性能を考慮した上で、高性能なCPUを選ぶのがオススメです。ゲームをプレイする上でもCPUの性能は高い方がよく、結果的に長く様々なゲームを遊ぶことができ、コストパフォーマンスが高いためです。

その3:メモリの選び方

メモリは一時的にデータを記憶させるパーツで、このメモリの容量が多いと一度に出来る作業が増えます。

メモリの種類はいくつもあり、マザーボードによって対応しているメモリの種類が異なることから、対応しているメモリをまず確認することが必要です。確認の後に、対応しているものの中から、メモリクロックが高く、容量が多いものを予算の許す範囲で選択すればOKです。

まとめ

予算の許す限りハイスペックなパーツを最初から選んでおくことで、その後の世代交代などあったとしても長期間使用できますので、結果的にお得になることからオススメと言えます。

プレイしたいゲームが決まっているのであれば、プレイに必要なスペックをゲームの公式サイトで確認し、それにあったパーツを選択して快適なゲームプレイができるようにしましょう。