本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

ゲーム向けパソコンのおすすめの選び方

ゲームで遊ぶためには、プレイステーションやWiiのような専用ハードウェアを使うほかに、パソコンを利用する方法があります。

興味のあるゲームや面白そうなゲームがパソコン版でしかプレイできないこともありますよね。

また、オンラインゲームはパソコンを利用しなければプレイできないことが多くあります。
オンラインゲームは手近な普段使っているパソコンでプレイすることも出来ます。

しかしオンラインゲームは普段使うアプリケーション、例えばWordなどのOfficeソフトや、Internet Explorerなどのブラウザソフトに比べると処理が段違いに重いです。

ゲームが主な目的の一つとしてパソコンを使うのであれば、ゲームプレイを前提として組み立てられたゲーミングPCを利用することを強くおすすめします。
一般的ないわゆる普通のPCとゲーミングPCの違いはその性能にあり、ゲーミングPCは普通のPCに使われているパーツ(部品)よりも性能の良いパーツを利用しています。

そのため、ゲームを快適にプレイすることが出来ます。

しかし、いざゲーミングPCを使いたい、買いたいと思っても、選び方がわからないし、不安といったこともあるかと思います。

ゲーミングPCに使われている部品の意味や性能の善し悪しがわからないと、選びようがありませんよね。
そこでこの記事では、普通のPCとゲーミングPCの違いやPCに使われている部品の役割、おすすめの選び方などを解説します。

ゲーミングPCに興味がある方やパソコンのことをもう少し詳しく知りたいという方にも役に立つ記事ですから、ぜひご覧ください。

↓このページの結論から考えた優等生ゲーミングPC

おすすめゲーミングPCのGALLERIA XT | ガレリア XT

なぜゲーミングPCなのか 普通のパソコンとの違いについて

この記事ではゲーミングPCについて解説しますが、ゲーミングPCは普通のパソコンとはどのように違うのでしょうか?

ゲーミングPCと普通のパソコンの違いはグラフィック性能です

実はゲーミングPCも普通のパソコンも同じもの(パソコン)で、特別大きな違いがあるわけではありません。データを格納するHDDや処理の中枢を担うCPUは普通のパソコンにもゲーミングPCにも搭載されています。しかし、最も大きく異なるのはそれぞれのパーツの性能、特にグラフィック機能の部分です。
そもそも、グラフィック機能の善し悪しは「グラフィックカード、グラフィックボード」と呼ばれる部品の性能によって決まります。ゲーミングPCは普通のパソコンと比べると格段に性能が良いものが使われます。
実際のところ、普通のパソコンにはグラフィックボードではなく、同じ機能を持った装置がマザーボードやCPUに内蔵されていることがほとんどです。ゲーミングPCの場合は高性能なグラフィック描写を実現するために、グラフィックボードという独立したパーツを使うこととなります。(普通のパソコンにも独立したグラフィックボードが搭載されていることもありますが、ゲーミングPCに使われるものに比べると性能は低くなりがちです)

↓このページの結論から考えた優等生ゲーミングPC

おすすめゲーミングPCのGALLERIA XT | ガレリア XT

ゲームには高性能なグラフィック描画機能が必要

みなさんは3Dで美麗にグラフィック表現されたゲームをご覧になったことはありますか?
このような美しいグラフィックをゲームとしてプレイヤーの(あなたの)動きに合わせて描画するのは普通のPCのグラフィック性能ではとても難しいことなのです。そのために、ゲーミングPCと呼ばれるようなパソコンに使われているグラフィックボードが必要になるのです。
つまり普通のPCとゲーミングPCの違いは、ゲーム特有の美麗なグラフィックを描画するために、PC内部のパーツ性能が格段に異なるということですね。

用途を考えよう

ゲーミングPCのおすすめの選び方のカギはプレイするゲームを考えることにあります

皆さんはどんなゲームで遊びたいと考えていますか?ゲームによって、パソコンに求められる性能が異なるため、まずはご自身がどんなゲームを遊びたいのか、つまりゲーミングPCの用途を考えることから始めてください。

◯例えば美しいグラフィックで表現されるファンタジー世界を冒険したい
◯FPSのような一人称視点で撃ち合うスリル満点のゲームをしたい
◯さまざまな種類の最新ゲームを追いかけていきたい
◯Internet Explorerのようなブラウザ上でプレイできるゲームをプレイしたい

などと、人それぞれさまざま用途を考えることが出来ます。
これらの用途がはっきりすると、ゲーミングPCの選び方が格段にわかりやすくなります。

もしあなたがいろいろな種類の最新ゲームを追いかけていきたいのであれば、ゲーミングPCのおすすめの選び方としては出来るだけ高性能なパーツを揃えた最新ゲーミングPCを探すのが有力な方法です。

ブラウザゲームを中心に遊びたいのでしたら、最新ゲームに比べると要求スペックは低くなります、ハイスペックを追いかけるのではなくコストパフォーマンスが高いパーツがメインになるような選び方をするのがよいでしょう。

↓このページの結論から考えた優等生ゲーミングPC

おすすめゲーミングPCのGALLERIA XT | ガレリア XT

限られた予算の中でご自身に最適なゲーミングPCを手に入れるためにも、PCの用途はしっかり考えておいてください。

ゲーミングPCを置く場所を考えよう

意外な落とし穴?!ゲーミングPCの置き場所はありますか?

さてみなさん、こちらの画像をご覧ください。こちらはゲーミングPCの筐体の画像ですが、これの大きさがどのくらいかご存じですか?このパソコンの大きさはおよそ「幅20cmx奥行き50cmx高さ45cm」です。
普通のパソコンに比べるとずいぶん大きいものですね。
重さもこのPCの場合は13.9kgですから、頻繁な移動はあまり考えたくないところでしょう。

ゲーミングPCを購入する際はサイズを確認して、置き場所をどうするか十分に考えておいてくださいね。

↓上で説明した画像、ガレリアXT-Aの主な基本スペック
CPU : Intel Core i7-4790
グラフィック : NVIDIA GeForce GTX960 2GB
※GTX760から無料アップグレード中
メモリ : 4GB×2
ストレージ : 2TB HDD

グラフィック性能重視のパソコンは大きいものが多い!

ゲーミングPCが大きなサイズになりがちな理由は、グラフィック性能を重視しているためです。その理由を具体的に見ていきます。

まずグラフィック性能が高いパソコンでは、性能に見合ったグラフィックボードやCPUが必要となります。これらの部品は負荷の高い処理を行うため、グラフィックボードやCPUは大量の電力を消費します。

この大量の電力は大きな熱を発生させるためファンのような冷却装置を設置する必要があり、そのスペースの分だけパソコンのサイズは大きくなるというわけです。

さらに言えば、熱い空気が筐体内部にたまらないように空気の通り道を確保する必要もあるため、やはりパソコンのサイズは大きくなってしまいます。

置き場所がないから小さなサイズを選ぶのはちょっと待ってください!

ゲーミングPCの置き場所がないため小さなサイズのものを選ぶこともあります。ただしその場合は、置き場所よりもサイズの小さなゲーミングPCのスペックがあなたの用途を満たしているかどうかをきちんと確認しましょう。

サイズを小さくすることで、グラフィック性能や熱処理の効率性の部分が犠牲にされていることがあります。このことから、置き場所がないからと言って小さなサイズのPCを購入した場合、あなたがゲーミングPCに求める用途や条件を満たしていない可能性があります。

置き場所が十分ある方もサイズはきちんと確認しましょう!

置き場所が十分にある場合、サイズが大きなゲーミングPCが使えることは大きなアドバンテージになります。

ただし置き場所があると言っても、部屋の模様替えの際の移動や筐体後ろ側の掃除のしやすさなどの面では大きいPCにはそれ相応の手間がかかることを覚えておいてください。

もし引っ越しすることになったら、大きなゲーミングPCの置き場所に困ってしまうこともありますよ。

↓このページの結論から考えた優等生ゲーミングPC

おすすめゲーミングPCのGALLERIA XT | ガレリア XT

モバイル重視でノート型のゲーミングPCを選ぶ際の注意

ノート型のゲーミングPCの場合、デスクトップ型に比べるとグラフィック性能などはかなりの犠牲が払われていると思って差し支えはありません。購入前には必ず、グラフィックボードの性能を確認してください。

ここでもし、PCのスペックがあなたのゲーミングPCの用途に合っていたとしても、ノート型の場合はパーツ交換が実質不可能ということを忘れてはいけません。

一般にゲーミングPCはパソコンの部品を組み合わせて組み立てられたBTOパソコンという形態で販売されており、このようなパソコンは自分の手でパーツを交換できる点で普通のパソコンよりも優れています。
あなたがグラフィック性能をもっと高めたいと思ったら、ゲーミングPC全部を買い換えるのではなくて新しいグラフィックボードを購入してパーツを交換するといったカスタマイズが出来るといった具合です。

しかし、ノート型の場合はパーツの大きさや配置、さらには熱処理のための空気のフローを考慮しながら小さな筐体に部品を詰め込んでいるため、パーツの交換は実質的には不可能なんですね。

よって、ゲーミングPCの選び方においては、ノート型が持つモバイルの便利さとカスタマイズが実質出来ない不便さ、この2つのバランスを十分に考慮することが必要です。

パーツのおすすめの選び方

それではいよいよパーツの選び方を見ていきましょう。

この記事ではゲーミングPCのパーツの選び方として、次のパーツ(OS)を取り上げます。
◯グラフィックボード
◯CPU
◯OS
◯メモリ

これらのパーツの役割やおすすめの選び方をここから解説していきます。これらはゲーミングPCの性能を決める最も重要な部品ですから、しっかり理解してくださいね。

なお、部品の選び方はそのゲーミングPCが対象とするゲームによって重要視する部分が異なります。
例えば美麗なグラフィックを重点に置いたゲームであれば、グラフィックボードを重視した構成にしたくなりますよね。

この記事では汎用的に使えるゲーミングPCのおすすめの選び方としてお伝えしますので、必要であればこの記事の内容をご自身の用途に合わせて微調整して頂ければ大丈夫です。

↓このページの結論から考えた優等生ゲーミングPC

おすすめゲーミングPCのGALLERIA XT | ガレリア XT

グラフィックボードの選び方

そもそもグラフィックボードとは何か

グラフィックボードとはパソコンの描画性能に関わるパーツです。ゲーミングPCでは最も重要な部品と呼ばれており、もし、この部品の性能が不十分だとゲームがカクカクとした動きとなりスムーズに遊べなかったり、画質を落としてプレイしないといけなくなったりします。プレイの根幹に関わる部品と呼べるものでしょう。

必要動作環境の見方とグラフィックボードの代表的製品

ゲームには必ず必要動作環境が提示されており、これには必要なCPUやグラフィックボードの性能、メモリ容量などが記載されています。

ここでは、
必要動作環境はゲームを最低限動かすために必要なPCのスペック
推奨動作環境はゲームプレイのために用意したいスペック
という違いがあります。

あくまでもスペック表を見る時は「推奨スペック」を見るようにしましょう。

例えばグラフィックボードであれば「NVIDIA GeForce GTX 760以上、AMD Radeon R9 280X以上」といった形で記載されます。

ここにあるGeForceやRadeonとはグラフィックボードの名前で、ゲーミングPCに広く使われているグラフィックボードです。

そのため、グラフィックボードを選ぶ場合はGeForceまたはRadeonから選べば大丈夫ですよ。
(GeForce:NVIDIA社製GPUの乗ったグラフィックボード、Radeon:AMD社製GPUの乗ったグラフィックボード。ともにいろいろな会社から製品が販売されている)

グラフィックボードのおすすめの選び方の基本

グラフィックボードはたくさんの種類が販売されています。必ず対象とするゲームの推奨スペック以上のものを選びましょう。

↓このページの結論から考えた優等生ゲーミングPC

おすすめゲーミングPCのGALLERIA XT | ガレリア XT

画像はあるゲームの推奨スペック表です。この表ではグラフィックボードの推奨スペックが「NVIDIA GeForce GTX 760以上、AMD Radeon R9 280X以上」と記載されていますから、これよりも性能が高いものを選べば大丈夫です。

性能の高いグラフィックボードの見分け方

グラフィックボードを選ぶ場合、基本的には製品名についている数字が高いもののほうが性能が高くなります。製品によって微妙な違いはありますが、ほぼこの考えで間違いありません。

さらにひとつひとつの製品の性能差を見たい場合は、BTOパソコン販売メーカーのドスパラのようなサイトやPCパーツ専門メディアにグラフィックボード性能の比較表が掲載されていることがあるため、これらを参考にしてください。

参考:↓グラフィックボード性能の比較表
ドスパラの性能比較ページ

性能が良いものは価格もそれなりです!予算と相談を!

性能が良いグラフィックボードはもちろん価格も高くなります。

グラフィックボードは性能の低い方から、ロースペック・ミドルスペック・ハイスペック・ハイエンドといくつかのクラスに分けることが出来ます。特にハイエンドと呼ばれる最上位の製品はその時点の最新技術の粋が詰め込まれているため、価格が跳ね上がる傾向にあります。

逆にミドルスペッククラスはいわゆる型落ちというイメージで、少し前のハイエンドモデルくらいの性能ですから価格も落ち着いているものです。

あなたが最新のゲームを常に追いかけるというのであれば、ハイエンドモデルが選択肢に入りますし、そうでなければ無理にハイエンドモデルを選ばずにミドルスペッククラスやハイスペックモデルを選ぶのが無難です。

↓このページの結論から考えた優等生ゲーミングPC

おすすめゲーミングPCのGALLERIA XT | ガレリア XT

コストパフォーマンスの良いグラフィックボードとは

限られた予算の中で買い物をする以上、コストパフォーマンスを意識したいですよね。グラフィックボードのコストパフォーマンスはミドルスペック〜ハイスペックモデルを選ぶとコストパフォーマンスの良い買い物が出来ます。

もちろん対象とするゲームや用途にもよりますが、ハイエンドモデルは最新技術と言うことで価格が跳ね上がりますから、決してコストパフォーマンスが良いとは言えません。
逆に言えば、ハイエンドよりも少し性能が落ちると価格がグッと下がりますし、ミドルスペッククラスになるとさらに価格が下がります。

ここでは、パーツを使える期間を考えてみましょう。
ゲームは日々進化していますから、ゲームが求めるPCスペックは常に上昇しています。そのため最新ゲームを追いかけるためにはそれなりのスペックのパーツが必要です。ハイエンドモデルであればミドルスペッククラスのグラフィックボードよりも長く使うこともできます。

しかし、安価なグラフィックボードを使い、不満が出てきた時点でパーツを交換することを繰り返していくという手もありますよね。
こうすると、満足のいくスペックのグラフィックボードをより低価格で使い続けることができるでしょう。

言い換えると、多くの方にとってハイエンドモデルのグラフィックボードは過剰スペックになりがちなので、パーツを交換しながら適性スペックのグラフィックボードを使っていくことでコストパフォーマンスを上げることができるといえます。

カスタマイズの際は特に注意!

ゲーミングPCのようなBTOパソコンは購入時にカスタマイズすることが出来ます。カタログでは「基本構成」として、あらかじめ搭載されているグラフィックボードの種類などが決められています。グラフィックボードをもっと良いものに変更したり、HDDをSSDに変えたりするといった具合で自分好みのPCにすることも出来ます。

良い性能をどんどんと追いかけてカスタマイズすると、価格もどんどんあがっていくこととなり、気がついたら予算オーバーしていることも珍しくありません。

予算や必要なゲーミングPCのスペックをあらかじめ明確にした上で、ご自身に合った基本性能のゲーミングPCと必要なカスタマイズをするようにしましょう。

CPUの選び方

そもそもCPUとは何か

次はCPUの選び方を見ていきましょう。CPUはコンピュータの演算処理を担う部品で、いわば「頭脳」の役割をするところです。

ゲーミングPCという点から考えると、PCがゲームを動かすための処理の大半は「グラフィック描画」のため最も重要視されるのはグラフィックボードの性能ですから、CPUの重要度はグラフィックボードとほぼ同じか少し下と考えて頂いて大丈夫です。

必要動作環境の見方とCPUの代表的製品

たとえば、遊びたいゲームの推奨動作環境のCPUの欄に「Intel Core i5 2.66GHz 相当以上」と記載されていたりします。

これをひとつひとつ見ていきましょう。
まず、IntelとはCPUメーカーの名前でもっとも代表的な会社です。
次に、Core i5とはCPUの名前で、現在はCore iシーリーズの中ではCore i7が最も優れた性能のCPUです。
最後に、2.66Ghzとはクロック数のことで、処理スピードの目安です。

ここで最も大切なことは「Core i5」という名前で、このCore i5またはより優れたCPUであれば推奨動作環境を満たすこととなります。きちんと確認しておきましょう。

CPUを選ぶ場合、代表的なメーカーのIntel社製のCPUを選ぶべきです。Intel以外にはAMD社のCPUも有名ですが、ゲーム動作の安定性やゲームメーカーの動作保証の観点から考えるとIntelを選ぶほうが無難です。
AMD社のCPUに注目するのはゲーミングPCやPCカスタマイズの上級者になってからでも十分でしょう。

CPUの選び方の基本

CPUを選ぶ場合、グラフィックボードと同じように推奨動作環境に出ているものより性能が高いものを選ぶようにしましょう。
上にも書いたとおり、ここの例ではCore i5の2.66GHz以上のものかCore i7を選ぶこととなります。

↓このページの結論から考えた優等生ゲーミングPC

おすすめゲーミングPCのGALLERIA XT | ガレリア XT

性能の高いCPUの見分け方


CPUもグラフィックボードとほぼ同じで、まず製品名についてる数字が大きいものほど性能が高いと考えるのが基本です。しかし数字と性能が必ずしも比例しないことがあります。
ただし、アルファベットの「K」の有無や6000番台より5000番台のほうが高性能といったこともあります。

これは製品のラインナップ(コア数やスレッド数、クロック数の違い)によってナンバリングが異なるために起こることです。製品番号の数字を目安としながら、このようなスペック比較表を利用してCPUを選ぶこととなります。

CPUもカスタマイズに注意!

グラフィックボードとほぼ同じで、性能が良いものほど価格が跳ね上がります。そのためカスタマイズするときは予算と相談して、ご自身に合った性能のものを選んでくださいね。

OSの選び方

家電量販店に売られている普通のパソコンでは販売時点で最新のOSがあらかじめインストールされていることがほとんどですが、ゲーミングPCはOSも選ぶ必要があります。

OSは対象とするゲームに合わせて選ぼう

まずはゲームの必要動作環境を確認して、それに合ったOSを選びましょう。現在はWindows 10が最新OSですが、ゲームがWindows 10で動作するとは限りません。このあたりが一般のアプリケーションとゲームの違いでもありますから、しっかり確認してくださいね。

ゲームが動作するなら慣れているOSを選ぶのもアリです

ゲームがいくつものOSに対応しているなら、ご自身が慣れているOSを選ぶのも良いでしょう。
オフィスではWindows 7を利用している、Windows 8.1はちょっと苦手、という方ならWindows 7をゲーミングPCのOSとして選ぶことが出来ます。
ただしこの場合、Windows 8.1以上にしか対応していないゲームが出てきた場合はOSを入れ替える必要があります。この点はちゃんと覚えておいてくださいね。

32bitOS?64bitOS?どちらが良いの?

ゲーミングPCの場合は、64bitOSを選択しておけば間違いありません。32bitOSでなければ困る状況でない限りは64bitOSを選んでおきましょう。

メモリの選び方

そもそもメモリとは何か

最近ではあまり見かけませんが、パソコンを使っているとメモリ不足といったメッセージが出たり、メッセージは出なくとも動作が重くなったりすることがあります。

メモリは台所に例えると「まな板」です。
パソコン内のデータはHDD(SSD)に保管されていますね。これは台所では「冷蔵庫」の役目をしており、実際にアプリケーションを動かす場合はHDD(冷蔵庫)からデータをメモリ(まな板)の上に乗せる必要があります。

このメモリが小さいと扱えるデータの量も小さくなるため動作が重くなるというわけです。

メモリは容量で選ぼう!

メモリはさまざまなメーカーが作っていますが、ゲーミングPCメーカーが指定しているメーカーのもので問題ありません。

むしろ大切なのはメモリ容量で基本的には8GBで考えます。これくらいあれば十分ですが、予算に余裕があれば追加してももちろん大丈夫ですよ。

ゲーミングPCを使うなら周辺機器にもこだわりたい!

みなさんはゲーミングキーボードやゲーミングマウスをご存じですか?

これらはゲームをするために作られた周辺機器で、ゲームをプレイする上では必須と言っても過言ではありません。

ゲーミングマウスキーボードは普通のものとどう違うのか

ゲームをプレイする上ではたくさんのキーを使うことになります。例えばF1キーには回復アイテム、F2キーには戦闘アイテム、F3キーにはスキルをセットといった具合にたくさん使います。

ゲームでは一瞬の動作遅れが致命傷になるため、Fキーのような離れて並んでいる押しづらいキーを右手ですぐに使えるよう、ゲーミングマウスにはキーボードのキーを割り当てられるボタンがついています。

マウスボタン1にはF1キー、マウスボタン2にはF2キーといった風にマウスボタンに任意のキーを割り当てられるようになっているんですね。
操作が楽になるだけではなく、操作ミスや遅れを防止してプレイヤーとしての腕を上げることも出来ますよ。

またゲーミングキーボードには複数のキー操作を1つのボタンで済ませられるプログラマブルボタンがついていたり、部屋が暗くなってもキーの刻印が見えるようにバックライトが搭載されていたりとゲームをプレイしやすくなる機能が満載です。

さまざまな種類のゲーミングキーボードやマウスが売られているので、周辺機器にもぜひこだわりたいところです!

↓このページの結論から考えた優等生ゲーミングPC

おすすめゲーミングPCのGALLERIA XT | ガレリア XT

道具にこだわる者が最後は勝つ?!

あるゲームでなかなか勝てないプレイヤーがゲーミングマウスを新調したところ戦績がものすごく改善した、そんな話は決して珍しいことではありません。

もちろん一般品を利用してもゲームをプレイすることが出来ますが、慣れてきたらぜひゲーミングキーボードやマウスを利用しましょう。

プレイの幅が広がりますよ!

最後に予算と比較しましょう!

ここまでの点を考慮すると、ゲーミングPCの中身が決まります。パーツが決まればゲーミングPCの価格も決まります。
では、予算の比較をしてみましょう。

もし、予算オーバーならCPUやグラフィックボードのグレードやメモリ容量を下げることになるでしょうし、余裕があれば予算内でグレードアップすることもできます。

もちろんグレードを調整する際は、一番初めに考えたゲーミングPCの用途や対象とするゲームのスペック表を参考にすることとなりますね。
こうしてあなただけのこだわりのゲーミングPCを手に入れてください!

↓あなただけにおすすめのゲーミングPC

おすすめゲーミングPCのGALLERIA XT | ガレリア XT

ゲーミングPCはどこで買うべきか

いざゲーミングPCを買おうと思っても、この記事に書いたとおり一般のパソコンとはことなりオーダーメイドで購入することとなりますから、家電量販店で買うことは一般的ではありません。

そのためパソコン専門店ドスパラのような、オーダーメイドでパソコンを購入できるパソコン専門店で購入を検討しましょう。
もし、近くに店舗があるなら、実際に足を運んでパーツやケースの現物を見ることもおすすめします。

たくさんの種類があってびっくりされるかもしれませんが、実物を見ると構成やカスタマイズのイメージを組み立てやすくなりますよ。

ドスパラのような専門店のwebサイトでは希望のパーツ構成やカスタマイズでどのくらいの費用でゲーミングPCを作ることが出来るか試すことも出来ます。利用しない手はありませんね!

まとめ:ゲーミングPCのおすすめの選び方はわかりましたか?

この記事ではゲーミングPCのおすすめの選び方として、一般のパソコンとの違いやパソコンの用途を考えること、各パーツの選び方、周辺機器へのこだわりのすすめなどをご紹介しました。

ちょっと敷居が高いと感じられたところがあるかもしれませんが、慣れれば決して難しいことではありません。

ぜひこの記事を参考にして、こだわりが詰まったゲーミングPCを手に入れてくださいね。

↓このページの結論から考えた優等生ゲーミングPC

おすすめゲーミングPCのGALLERIA XT | ガレリア XT