本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

ハイエンドGPUとは ~ 予算に余裕があるならハイエンドモデルをおすすめ

ハイエンドGPUとは ~ 予算に余裕があるならハイエンドモデルをおすすめ

ゲーミングPCで最も販売数量が多いと思われるのは、10万円前半から15万円以下のモデルなのですが、予算が許すなら最初から20万円を超えるハイエンドモデルを選択することもおすすめです。パソコンは、価格が高い方が上級者向けで取扱が難しいというようなことはありませんので、基本的には高価で高性能なパソコンを購入すれば、それだけ快適なゲーミングが楽しめるということになるのです。パソコン関係の商品は新商品の開発競争が厳しく、世代交代が早いのが特徴ですが、ハイエンドのゲーミングPCは性能的な製品寿命が長いこともユーザーにとっては嬉しい側面なのです。NVIDIAのハイエンドGPU(Graphics Processing Unit)の進化を例に、説明していきましょう。

GeForce GTX680

GeForce GTX680は、2012年3月発表の、開発コードネーム「Kepler」(ケプラー)と呼ばれていた新世代GPUアーキテクチャを採用する初の製品です。登場時点で、NVIDIAのシングルGPU最上位モデルでした。発売当時のグラフィックボード単体価格は、6万5千円前後。3D Mark 11 Extreme スコアは「3392」です。

GeForce GTX780

GeForce GTX780は、2013年5月発表のハイエンドグラフィックボードで、同じくKeplerアーキテクチャを採用しています。GTX 680後継商品という位置付けですが、同じタイミングで GeForceブランドの最上位モデルは「TITAN」に譲ることになりました。発売当時のグラフィックボード単体価格は、8万5千円前後でした。3D Mark 11 Extreme スコアは「4558」です。

GeForce GTX980

GeForce GTX980は、2014年9月発表、GTX8xxの型番は飛ばされることになったわけですね。開発コードネーム「Maxwell」アーキテクチャに進化し、省電力性も備えるようになりました。発売当時のグラフィックボード単体価格は、7万5千円前後でした。3D Mark 11 Extreme スコアは「5728」と順当に進化を続けました。

同じタイミングで、ミドルクラスモデル GeForece GTX 960が発表されているのですが、同じく「Maxwell」アーキテクチャーを採用したもので、ちょっと遅れて、2015年1月の発表となりました。発売当時のグラフィックボード単体価格は、3万円前後で、性能的には、3D Mark 11 Extreme スコアが「3178」となってます。

GeForce GTX 980 Ti

GeForce GTX 980 Tiは、2015年6月発表の最新鋭グラフィックボードです。「Maxwell」アーキテクチャーを採用し、最上位モデルのGTX TITAN Xに迫る性能を持っています。発売当時のグラフィックボード単体価格は、9万5千円前後で登場、性能的には、3D Mark 11 Extreme スコアが「7481」となっています。

約3年で2倍を超える性能向上を果たすなど、グラフィックボードの開発競争がいかに激しいものか良くわかりますね。興味深いのが、GTX 680のベンチマークスコアで、現時点でも、最も販売量が多いミドルクラスモデル GTX 960に匹敵する(若干超える)スコアになっている点です。GTX 960は、GeForceファミリーの中心モデルとして、今後1~2年は販売が継続されるものと思わますが、GTX 680の事例で考えると、ハイエンドのグラフィックボードを搭載したゲーミングPCを購入することは、4~5年は十分に現役モデル(しかも前半の1~2年は文字通りの最高性能モデル)として楽しめることを意味します。ハイエンドのグラフィックボードを搭載したゲーミングPCは確かに高価ですが、性能的な製品寿命が長いという意味でも、十分考慮する価値がある選択肢と言えるでしょう。

ベンチマーク等の数値出典:
http://www.dospara.co.jp/5shopping/share.php?contents=vga_def_parts
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/20150601_704669.html

おすすめ商品

ハイエンドGPUとは ~ 予算に余裕があるならハイエンドモデルをおすすめ
製品名:ガレリア XI
CPU:Core i7-4790
グラフィック:GeForce GTX 980 Ti

このページは「ハイエンドGPUとは ~ 予算に余裕があるならハイエンドモデルをおすすめ」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。