本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

メモリとは ~ ゲームをプレイするのに必要なメモリの量とは

メモリとは ~ ゲームをプレイするのに必要なメモリの量とは

メモリはCPUが処理するデータを、一時的に記憶しておくためのパーツです。メモリは良く作業机の大きさに例えられます。メモリの容量が大きければ(作業机が広ければ)一度に取り扱うことが出来るデータの量が増えて(広げられる書類などの量が増えて)、効率的に作業できることになります。自作パソコンパーツ市場が形成された当初は、相性問題が発生しやすいパーツの代名詞だったメモリですが、最近では各メーカーの品質も向上し、相性問題も着実に減少傾向です。規格的に、2007年に登場したDDR3(Double-Data-Rate3)の時代が長く続いていることも品質面でプラスの影響を与えているのでしょう。

メモリは一時的な記憶装置ですが、こうした読み書き、消去が出来るメモリをRAM(ラム:Random Access Memory)と呼びます。現在流通しているRAMのほとんどは、DRMA(ディーラム:Dynamic RAM)が使用されています。記憶内容を保持するために、一定間隔ごとにデータを再書き込みすることで内容を保持する仕組みとなっています。パソコンの電源を落とすと、記憶内容も消えてしまうということにはなるのですが、比較的安価に製造できるメリットがあり、パソコン用のメモリとして広く普及しています。現在主に流通しているメモリの規格と、メモリに関連する用語について説明して行きましょう。

DDR3 SDRAM

DDR(Double-Data-Rate)というのは、パソコンの内部クロックの立ち上がりと立ち下がりの両方を使うことで、通常のSDRAMの倍速(Double-Data-Rate)でデータを転送する仕組みのことで、DDR3はその3代目の規格ということになります。Intel CPUでいうと、Core iシリーズから対応が進められ、現在最も一般的なメモリ規格となっています。

DDR4 SDRAM

DDR3の後継となる最新の規格で、IntelではHaswell世代から採用されています。DDR3の約2倍の動作速度でありながら、省電力性に優れる特徴があり、今後の主流の規格になると考えられています。もっとも、対応CPUとチップセットを搭載したマザーボードが必要で、そもそもDDR3とは物理的にメモリスロットの形状が異なります。DDR3と入れ替えて使用できるものではありませんので、そこは注意して下さい。

DIMM

メモリモジュールの型番の末尾を良く見ると「DIMM」という記載が多く見られます。DIMMは、Dual Inline Memory Moduleの略で、複数のDRAMチップを基板上に搭載し、基盤の表裏の対向する2つの端子に異なる信号を発するメモリモジュールです。以前はSIMMという記載が多かったことを覚えている方もいるでしょう。SIMMはSingle Inline Memory Moduleの略ですが、SIMMの時代は表裏の対向する2つの端子に同一の信号を発していた点が、製品仕様上違っている部分です。DIMM形状が採用されているのは、DDR3、DDR4ともに同じで、「DDR3 SDRAM-DIMM」とか「DDR4 SDRAM-DIMM」などの型番記載が多く見られます。

デュアルチャネル

DDR3とかDDR4のメモリモジュールを2枚一組で使用することを前提に、CPUとメモリの間のデータ転送量を2倍にする技術です。デュアルチャネル対応のマザーボードを使用する必要があります。処理速度向上のための発想としては比較的歴史が古く、1999年に登場したRDRAM(Rambus Dynamic Random Access Memory )で初めて採用されています。

トリプルチャネル/クアッドチャネル

デュアルチャネルと同じ発想で、メモリモジュール3枚を同時に使用することを前提とした高速化技術がトリプルチャネル、メモリモジュール4枚を同時に使用することを前提とした高速化技術がクアッドチャネルとなります。

仮想メモリ

メモリ容量を超えたデータアクセスが発生した際に、OSがメモリの不足分をハードディスクで代用させる機能を、仮想メモリと呼びます。一般的に言って、ハードディスクの速度は、メモリの10倍から100倍ほども遅く、仮想メモリが機能している状態では、明らかな速度低下が体感されます。頻繁に発生するようなら、メモリの増設を考えましょう。

OSによる制限

現在販売されているOSには、32ビット版と64ビット版が存在しますが、ユーザー側にとって大きな違いは、OSが使用できるメモリ量に違いがあることです。32ビット版のOSでは、OSが使用できるメモリ容量が4GBまでとなり、それ以上のメモリを搭載しても全くの無駄となってしまいます。実際には、さまざまなデバイスのためにメモリ領域が消費され、32ビットOSで実際に使用できるメモリ領域は最大でも3.5GB程度になります。

メモリの話からは外れますが、これからゲーミングPCを購入する場合は、基本的に64ビットOSを選択して良い状況です。32ビットOSから64ビットOSの過渡期には、32ビットOSを選択する意義もあったのですが、現行の主要オンラインゲームは64ビット対応を既に終えています。いま新たに32ビットOSを選択するのは、32ビット版しか存在しない旧ゲームタイトルをプレイしたい場合などに限られるでしょう。

ゲーミングPCに必要なメモリの量

最後にゲーミングPCに必要なメモリの量について説明しますね。メモリは多ければ多いほど良い、と言い切れるものでは無いことには注意が必要です。64ビットOSを導入していても、CPUが扱うデータ量以上のメモリが活用されることは無く、文字通り無駄になってしまうためです。一般的に言って、オンラインゲーム中心のゲーミングPCであれば、8GB搭載しておけば十分でしょう。もし、ゲーム以外の用途が視野に入っているようでしたら、16GB搭載することを検討すると良いと思います。(もちろん、32ビットOSで8GBのメモリを搭載しても、半分の4GB分は100%無駄になってしまいますので気をつけてください)

メモリの搭載量で悩んだら、ショップの店員に相談してみることをおすすめします。自分がパソコンで行うこと、使用用途がはっきりしていれば、的確なアドバイスが得られると思いますよ。

メモリとは ~ ゲームをプレイするのに必要なメモリの量とは

このページは「メモリとは ~ ゲームをプレイするのに必要なメモリの量とは」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。