本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

【初めてのゲーミングPC】②OSって何?HomeとProの違い、64bitと32bitの違い

【初めてのゲーミングPC】②OSって何?HomeとProの違い、64bitと32bitの違い

前回の記事→【初めてのゲーミングPC】カスタマイズ・パーツ構成を考える①

ドスパラのGALLERIAを参考に実際の構成項目に沿って、選び方やパーツの説明をしていきます!まず最初の選択項目が『OS』です。
『OS』はパソコンを触っている人ならご存知かと思いますが、WindowsとかMacとかLinuxとか、パソコンを簡単に操作できるようにしてくれるシステムのことで、OSが無いとパソコンを動かすことができません。スマホでいうとandroidやIOSのことで、iPhone派とandroid派がいるように、OSは操作のしやすさなどから好みがわかれますが、ゲーミングPCは99%Windowsです。
これは世界的なOSのシェアがダントツWindowsであり、ゲーム自体がWindowsに合わせて作られているからです。Mac対応のタイトルもありますが、Mac対応のソフトはほぼWindows版も同時にリリースされています。Windows版のみでMac非対応のゲームはたくさんあります。なのでゲーミングPCWindows一択になります。

Windowsの選択肢

カスタム・構成画面を見てみると
【初めてのゲーミングPC】②OSって何?HomeとProの違い、64bitと32bitの違い
(※ドスパラのGALLERIA XVのカスタム・構成変更ページを例にしています)
【初めてのゲーミングPC】②OSって何?HomeとProの違い、64bitと32bitの違い

  • Windows10 pro 64ビット
  • Windows10 home 64ビット
  • OSなし

3択あります。あなたが自宅で自分一人か家族数名と共有してPCを使用するならWindows10 home 64ビットで十分です。
proは簡単に言うとHomeの機能にビジネス向けのサポートを充実させたエディションです。ビジネス用途といっても、個人で購入ができます。Updateが任意なので(Homeは半強制)不用意にupdateされたくない人がProを選ぶことがあります。しかしHomeでもアップデートを遅延させて半ば手動アップデートに設定することもできるので、よほど特別な事情が無い限りはHomeで大丈夫です。あとはproには『Hyper-V』という機能があり、これは1台のパソコンの仮想空間に仮想マシーンを複数作り出せるというものです。この機能を使って、1台のPCに複数のOSを入れることができます。古いWindowsのバージョンでなければ遊べないゲームをやりたい人が、この機能目当てでProを選択したりします。とはいえWindowsが新しくなるとゲームもそれに合わせてアップデートすることが多いので、現行のゲームはほぼWindows10に対応しています。アップデートの見込みのない、サービスを終了した古いゲームを遊ぶなら、Proの導入もアリです。
『OSなし』は、OSのパッケージ版を持っていて、それを自分でインストールして使う人が選びます。Windowsは1ライセンスにつき1台なので、他のPCにインストールされたことのない、まっさらなOSが必要です。パッケージ版は購入すると¥15,000~¥20,000ほどするので、こちらも特別な事情が無い限りはOSなしを選択するメリットはありません。

ということで、OS選びは基本構成のままWindows10 home 64ビットを選択しましょう!

【おまけ】64bit と 32bit

ここからはおまけで、OSにくっついてる『64bit』とは何なのか説明します。
もうOSの話はお腹一杯!って人は次の【初めてのゲーミングPC】③サポート・保障の選び方・比較へ進んでください。
OSはWindows10(バージョン) Home/pro(エディション) 64bit/32bit(扱う情報量)という組みあわせで表記されています。
バージョンはパソコンが家庭に普及し始めたWindows95から、数年ごとにバージョンアップして、今現在主流となっているのが2015年にリリースされたWindows10です。使っているアプリやソフトの相互の関係で、Windows7などのあえて古いバージョンを使い続ける人もいますが、マイクロソフトのサポートから外れてしまったりドライバが機能しなくなってしまう恐れがあるので、基本的には最新のバージョン(Windows10)を使用しましょう。
エディションは前項で書いた通り、ざっくりいうとHomeが個人用proがビジネス用で、『Enterprise』という大企業やIT企業向けのエディションもあったりします。
そして『bit』はデーターの単位であり、CPUが扱える情報量を表しています。Windowsには『64bit版』の他に『32bit版』という選択肢があります。
この二つの扱える情報量の差ですが、メモリの上限が32bit版が4GBまでに対し、64bit版は4GB以上、ドライブ容量の上限は32bit版が2TBまでに対し64bitは2TB以上という大きな差があります。
映像の編集や3Dゲームなど、多くのメモリを使用するソフトを動かすためには64bitが必要です。なのでゲーミングPCでは64bit一択になっています。ゲーム用じゃない通常のPCでメインメモリが3GB以下のPCには32bit版が搭載されていることがありますが、ここ数年64bitが主流となっていてあまり見なくなりました。

 

さてOSは無事選択できたでしょうか。

次回は『サポート・保障の選び方・比較』について、様々なBTOメーカーの保障を比較しながら、何があると安心なのか紹介していきます!

次の記事→【初めてのゲーミングPC】③サポート・保障の選び方・比較

 


【関連記事】

【初めてのゲーミングPC】カスタマイズ・パーツ構成を考える①

このページは「【初めてのゲーミングPC】②OSって何?HomeとProの違い、64bitと32bitの違い」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。