本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

グラフィックボードの選び方 ~ ゲーム別おすすめグラフィックボード

グラフィックボードの選び方 ~ ゲーム別おすすめグラフィックボード

新兵「おらぁぁぁぁ、先手をとったでー!!」
飛び出す新兵。
大将「ククククッ、甘い、甘いわ!新兵殿」
銃口から吹き出るマズルフラッシュ(乱射時の光)。
そのたびに新兵の画面の中の動きが重くなる。
あえなく先手をとった新兵は返り討ちにされてしまった。
新兵「なんでだー、先手とったのにー、鬼軍曹だなー!」
大将「・・・(軍曹ではなく大将だがねw)」

ファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)、バトルフィールド4の一部始終を読んでどう思われましたでしょうか。
「新兵と大将ではプレイヤースキルが違いすぎるからな」と思われましたか。
たしかにプレイヤースキルも理由のひとつではあるかもしれません。
しかし、この新兵が腕を磨いて大将になったとしても、この相手の大将に勝つことは余程ラッキーな場面でない限りありえないと思います。
さらに言えばこの新兵は大将を目指す夢の半ばで全然階級があがらずに心が折れ、「艦隊これくしょん」の大将になっているかもしれません。
ではどうしてこのような差が出てしまうのでしょうか。

これは3D系ゲームの宿命ともいえる、あるパソコンのパーツが能力不足である可能性が高いと考えられます。
そのパーツとはグラフィックボード(ビデオカード・VGAなどとも呼びます)です。
グラフィックボードは画面内の描画に関する処理などを行っており、性能の良いグラフィックボードほど描画速度、解像度、3D性能などが高くなります。

↓このページのおすすめグラフィックカード

最強グラフィックボードGeForce GTX 980 Tiならこれ!
コストパフォーマンスに優れたGeForce GTX 960 ならこれ!

グラフィックボードを選ぶ

ではどの程度のグラフィックボードがついたゲーミングPCを選べばよいのでしょうか。
もちろんお金のある方は「最強のグラフィックボードがついたパソコンをください」で済みます。
そして、たぶん店員さんは「あっ、はい、映像関係のかたですね。それではQuadro M6000がおすすめですよ。オプションで本体価格プラス60万円です。」と答えられると思いますが。
(さすがにこの記事を読んでおられるかたでこういう買い方をされるかたはおられないと思いますが、こういう買い方をされる場合は「ゲームで最強」をきちんと伝えましょう。)

前述のバトルフィールド4で一部始終、マズルフラッシュで新兵の画面の中の動きが重くなるという表現がありました。
これは、新兵のパソコンに組み込まれているグラフィックボードの処理能力がバトルフィールド4のゲーム内のマズルフラッシュや建物の崩落、爆発などのエフェクトの時に処理が追いつかず、フレームレートが下がっているためだと思われます。
なお、エフェクトとは臨場感を出すための輝きなどの演出で、フレームレートとは1秒間に何回画面を書き換えることができるかを表す数字です。
これらをふまえると、プレイしたいゲームによってはグラフィックボードの能力が非常に重要となってきます。

↓やりたいゲームに最適化されたショップPC

タイトル別ゲーミングPC一覧

バトルフィールド4の場合

それではバトルフィールド4の場合はどの程度のスペックのグラフィックボードが必要なのでしょうか。
これは難しい選択なのですが筆者の見解では以下となります。
2016年後半にはバトルフィールド5の発売が予定されています。
この時に買い換えなくてはいけないのであれば余分な予算となります。
まだバトルフィールド5の推奨環境は発表されていませんがバトルフィールド4よりは高いものになると考えられます。
それを考慮した上で、グラフィックボードはGeForce GTX970以上(これからパソコン購入を考える方はGeForce GTX970以上が搭載されたゲーミングPC)が良いと思います。
もちろんバトルフィールド4ではグラフィック設定を「最高」設定でも快適です。
予算をもう少し抑えたければグラフィック設定を「中」設定でフレームレート50がギリギリ維持できるかできないかのGeForce GTX750Tiを選択するということも考えられます。
しかしバトルフィールド5が発売され、もしゲームを起動できたとしてもカクカクで、またグラフィックボードを買い換えなくてはならなくなり割高になるといったこともあり得ます。

↓このページのおすすめグラフィックカード

最強グラフィックボードGeForce GTX 980 Tiならこれ!
コストパフォーマンスに優れたGeForce GTX 960 ならこれ!

ゲームのベンチスコアを参考にしよう

それでは他ジャンルのゲームではどうでしょう。
MMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)のファイナルファンタジー14の場合ですと2015年の拡張パック蒼天のイシュガルド以降DirectX 11に対応しました。
そこでDirectX 11、解像度1,920×1,080、最高品質設定でFF14ベンチの「非常に快適」(スコア7000以上)をひとつの目標とします。
するとスコア7000を超えるのに必要なグラフィックカードはGeForce GTX960以上となります(使用CPUはi7-4790Kで検証)。
なお、同じ条件でGeForce GTX750Tiではスコア4300前後でした。
このスコアでもFF14ベンチ結果では快適となっていてプレイできないレベルではありませんが、実際はフレームレートが下がりますので設定を落とすしかありません。

↓このページのおすすめグラフィックカード

最強グラフィックボードGeForce GTX 980 Tiならこれ!
コストパフォーマンスに優れたGeForce GTX 960 ならこれ!

まとめ

どうでしたか、ゲーミングPCやグラフィックカード選びの参考になりましたでしょうか。
この記事を読んでいるかたがたには、艦娘を見ながらニヤつく大将にならないように願うばかりです(艦隊これくしょんはブラウザゲームとしては面白いと思います)。
なお、艦隊これくしょんはFlashで作られているのでここ数年以内のパソコンであればグラフィックカードは不要です。

↓やりたいゲームに最適化されたショップPC

タイトル別ゲーミングPC一覧

このページは「グラフィックボードの選び方 ~ ゲーム別おすすめグラフィックボード」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。