本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

【グラフィックボード】GeForce GTX 10 シリーズの性能比較

【グラフィックボード】GeForce GTX 10 シリーズの性能比較

GeForce GTX 10 シリーズは、新世代のPascalアーキテクチャを採用したGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット )で、これまでに無いパフォーマンス、電力効率を誇っています。
前世代のGPUと比較して最大で3倍の性能向上をうたっており、実際にVR性能は2.4~3倍となっている様です。通常ゲームでは約1.4~1.6倍の性能向上となっています。

今回はGeForce GTX 10 シリーズの性能を比較していきます。

GeForce GTX10シリーズのスペック、性能一覧表

GTX 1080TiGTX 1080GTX 1070TiGTX 1070
CUDAコア3,5842,5602,4321,920
GPUクロック
(ベース/ブースト時)
1,480/
1,582MHz
1,607/
1,733MHz
1,607/
1,683MHz
1,506/
1,683MHz
メモリ容量11GB
GDDR5X
8GB
GDDR5X
8GB
GDDR5
8GB
GDDR5
メモリ帯域484GB/Sec320GB/Sec256GB/Sec256GB/Sec
TDP250 W180 W180 W150 W
ドスパラ性能目安922725678602

 

 

GTX 1060 6GBGTX 1060 3GBGTX 1050TiGTX 1050
CUDAコア1,2801,152768640
GPUクロック
(ベース/ブースト時)
1,506/
1,708 MHz
1,506/
1,708MHz
1,290/
1,392MHz
1,354/
1,455MHz
メモリ容量6GB
GDDR5
3GB
GDDR5
4GB
GDDR5
2GB
GDDR5
メモリ帯域192GB/s192GB/s112GB/s112GB/s
TDP120 W120 W75 W75 W
ドスパラ性能目安440410257235

 

※「ドスパラ性能目安」については、以下のページを参照元としています。
グラフィックカード性能比較ベンチマークテストhttps://www.dospara.co.jp/5shopping/share.php?contents=vga_def_parts

 

GTX10シリーズのラインナップ紹介

GTX 1080Ti

GTX10シリーズのフラッグシップGPUです。コストは気にせず、常に最速を狙う方向けのGPUです。
ゲームに関しては全くの問題無し!と言いたいところですが、一部のゲームにおいて、4K出力かつ最高画質設定では60fpsに及ばないことがあります。過剰な期待は禁物ですね。
VRゲームや144Hz描画でのゲームにも楽に対応します。

ドスパラで「GTX1080 Ti」搭載ゲーミングPCを見る>>

GTX 1080

ハイレンジのGPUです。
GTX 1080Tiの価格が気になる方におすすめのGPUです。
1080Tiより性能は劣りますが、その分、コストパフォーマンスは高いです。
VRゲームや144Hz描画でのゲームにも楽に対応します。

ドスパラで「GTX1080」搭載ゲーミングPCを見る>>

GTX 1070Ti

ミドルハイレンジのGPUです。
GTX 1080に近い性能を発揮しながらも、価格は抑えられているのが特徴です。
WQHD(2560×1440)を超える解像度にもなると特に威力を発揮します。
VRゲームや144Hz描画でのゲームにも楽に対応します。
ゲーミングPC用として、今が旬のおすすめGPUです。

ドスパラで「GTX1070 Ti」搭載ゲーミングPCを見る>>

GTX 1070

ミドルハイレンジのGPUです。
性能を最重視した場合、コストパフォーマンスに優れている事から選択肢にあがってきます。
VRゲームや144Hz描画でのゲームにも楽に対応します。

ドスパラで「GTX1070 」搭載ゲーミングPCを見る>>

GTX 1060 6GB

ミドルレンジのGPUです。
フルHD環境では抜群のコストパフォーマンスを誇ります。フルHDの環境で、何を買ったら良いか分からない場合は、とりあえずGTX 1060 6GBと覚えておくと良いでしょう。
VRゲームもプレイ可能なレベルにあります。

ドスパラで「GTX1060 6GB」搭載ゲーミングPCを見る>>

GTX 1060 3GB

GTX 1060 6GBのVRAMを単純に3GBへ減らしたモデルでは無く、CUDAコアが1280個から1152個へ減量されるなど、 ダウングレードしたモデルとなっています。
GTX 1060 6GBと比較しているのであれば、GTX 1060 6GBをおすすめしたいところです。
入門用でも、それなりの画質でゲームを楽しみたい方に向いています。

ドスパラで「GTX1060 3GB」搭載ゲーミングPCを見る>>

GTX 1050Ti

入門者向けです。比較的軽めのゲームをするのに向いています。
画面解像度フルHD以下で設定を適切に調整すれば、最新のゲームでもそれなりに遊べます。
VRAMが4GBありますので、WQHD(2560×1440)以上のモニタでの通常用途にも向いています。

ドスパラで「GTX1050 Ti」搭載ゲーミングPCを見る>>

GTX 1050

入門者向けです。比較的軽めのゲームをするのに向いています。
低画質~中画質であれば、最新のゲームでもそれなりに遊べます。
VRAMが2GBですので、フルHDまでの液晶モニタ使用の方におすすめです。

ドスパラで「GTX1050」搭載ゲーミングPCを見る>>

まとめ

GeForce GTX 10 シリーズのスペックや性能について比較を行いました。
今回は性能重視でGTX 1070Tiコストパフォーマンス重視でGTX 1060 6GBをおすすめとしました。
ゲーミングPCの性能を決めるのはグラフィックボードですので、予算によっては、CPUをIntel Core i7からi5へランクを下げてでも、ワンランク上のGPUを採用したグラフィックボードを選びたいところです。

ドスパラのゲーミングPC GALLERIAでは、GALLERIA DFというCore i5+GTX 1070Tiモデルも存在していますので、場合によってはおすすめかと思います。

ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA DF」の現在の価格と詳細はこちら>>
 

 

以上、参考にしていただけると幸いです。

このページは「【グラフィックボード】GeForce GTX 10 シリーズの性能比較」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。