本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

ハイエンド グラフィックカードGeforce GTX 980の性能を見てみよう!

ハイエンド グラフィックカードGeforce GTX 980の性能を見てみよう!

ゲーミングPCを構成するパーツは様々なものがあります。CPUやGPU、メモリやディスクなど、ゲームをプレイする上で影響を受けるものばかりです。その中でも、ゲームのグラフィカル部分を担当するパーツがGPUです。
同じメーカーのGPUであっても、値段やスペックが大きく異なる部品が販売されています。できることならスペックの高いパーツを買うに越したことはありませんが、お財布事情を考えると必ずしもそうはいきません。
ただ、スペックの高いパーツが、あなたの求めるゲームプレイライフにおいて欠かすことのできないものであれば、値段が高くなったとしてもゲーミングPCの構成に取り入れていくべきでしょう。
そこで今回は、GPUのメーカーの中でも有名である「Geforce GTX」シリーズを取り上げます。「Geforce GTX」シリーズの中でも価格やスペックが異なるGPUが販売されています。その中でもハイスペックである「Geforce GTX980」に着目して、ゲームのパフォーマンスを見ていきましょう。

↓Nvidia GeForce GTX980搭載のゲーミングPC

おすすめのゲーミングPC ガレリア ZI

Geforce GTXのGPUスペックを比較してみよう

それでは、今回取り上げる「Geforce GTX」シリーズの性能を比較してみましょう。
スペックの性能比較対象として、「Geforce GTX960」、「Geforce GTX970」、「Geforce GTX980」の3つを取り上げます。
性能を比較してみると、GPUクロックやメモリ帯域の差がはっきり表れています。CUDAコアの数値の差は歴然としています。ちなみに、GPUクロックとは、データを処理する速度を表しています。値が大きいほど、処理速度も速くなり、画面に描画される時間が短くなります。また、ブーストとは、一時的にGPUへ高負荷がかかった際、自動的に性能を拡張してくれる機能です。
そして、シリーズにおける比較結果は以下の通りです。

■GPUクロックの比較(ベース/ブースト時)
Geforce GTX960:1,127/1,178MHz
Geforce GTX970:1,050/1,178MHz
Geforce GTX980:1,126/1,216MHz

さすがに、一番性能が高いのは「Geforce GTX980」でした。ベース(通常)のGPUクロックはGeforce GTX960とほぼ同じですが、ブーストをした時の値に大きな差が出る結果となりました。
また、性能が高いはずのGeforce GTX970が、一つ下のバージョンであるGeforce GTX960より性能が低いという結果も面白いですね。バージョンが高いからといって、必ずすべてのスペックが高いとは言えないということが、この結果からわかります。
このような状況の中、性能比較した3つの中ではGeforce GTX 980の性能が一番高いことがわかりました。それでは、実際にゲームをする上では、Geforce GTX 980を使うと、どれほど快適にゲームをプレイすることができるのでしょうか?

ファイナルファンタジーXIVベンチマーク性能比較結果

具体的にプレイするゲームを例にあげて、Geforce GTX980の性能を見ていくことにしましょう。
まず性能を比較するゲームは、「ファイナルファンタジーXIV」です。ゲーミングPCでも根強い人気があるソフトですよね。2010年にリリースされたソフトなので、少し古いタイプのソフトに分類できますが、性能の結果はどう出るのでしょうか?
Geforce GTXシリーズにおける比較方法は、最高画質の設定にして、ベンチマークの値を比較します。数値が7,000以上であれば、非常に快適にプレイできるレベルです。

■ベンチマーク結果
ハイエンド グラフィックカードGeforce GTX 980の性能を見てみよう!

どのシリーズにおいても、快適値である6,000を超える結果となりました。ただ、最上位のバージョンであるGeforce GTX 980の数値は桁違いですね。快適値の約2倍もの数値をたたき出しています。古いソフトだけをプレイするのであれば、Geforce GTX 980の性能はオーバースペックであるとも言えます。
といっても、Geforce GTX 980であれば、古いゲームソフトを十二分に快適な状態でプレイできることがわかりますね。

the divisionベンチマーク性能比較結果

次に Geforce GTX980の性能を比較するために取り上げるソフトは「the division」です。こちらのソフトは2016年3月にリリースされた最新ゲーミングソフトです。オンラインRPGであるため、他のプレイヤーとタッグを組んでゲームをプレイすることも可能です。リアルなニューヨークを舞台に、パンデミックに立ち向かう主人公をプレイしていきます。
この最新ソフトに対して、Geforce GTX980の性能はどれほど通用するのでしょうか?比較対象は様々な項目がありますが、今回は平均FPSを見ていきます。FPSとは、画面の滑らかさを示す指標であり、数値として60を越えれば快適にプレイできると言われています。60を下回ってしまうと、動きがカクカクになり、時々画面が止まってしまうような状況となってしまいます。
こちらが平均FPSの結果です。

Geforce GTX960
(画質レベル)
ウルトラ:30
高:40
中:50
低:62

Geforce GTX970
(画質レベル)
ウルトラ:44
高:57
中:74
低:92

Geforce GTX980
(画質レベル)
ウルトラ:57
高:74
中:93
低:114

最新のソフトをプレイした途端に、他のバージョンと比べて大きな差が生まれる結果となりました。さすがGeforce GTX 980ですね。一番画質の高い「ウルトラ」でプレイをしても、快適にプレイできる値である60に迫る数値をたたき出しています。Geforce GTX 980の性能があれば、最新のソフトであっても、画質設定を高めてリアリティの高い状態でプレイできますね。
一方、他のバージョンであるGeforce GTX 960は低い画質でないとお話にならないレベルであり、Geforce GTX 970であっても、「ウルトラ」に画質設定をしてしまうと快適にはプレイできない結果となりました。大きな差が出るものですね。

ゲームをバリバリ遊ぶのであれば「Geforce GTX980」

Geforce GTX980の性能の高さは、数値に表れているだけではなく、実際にゲームをプレイしている時でも効果を発揮することが実証されました。
「the division」などの最新ソフトを高画質で楽しむには最適のGPUです。ゲームを思う存分楽しみたい、遊びつくしたいというのであれば、お金を掛けてでもGeforce GTX980を選ぶべきでしょう。
ただ、1点注意していただきたいポイントがあります。それは、「あなたがプレイをするソフトはどんなソフトなのかを考える」ということです。
初めに見ていただいたように、古いソフトであれば、下位バージョンであるGeforce GTX960の性能でも十分快適にプレイすることができます。Geforce GTX980ではオーバースペックでもったいない状況となります。
あなたが遊びたいソフトに応じて、GPUなどのパーツのバージョンも決めていけると、より快適なゲーミングライフを送ることができるでしょう。

↓Nvidia GeForce GTX980搭載のゲーミングPC

おすすめのゲーミングPC ガレリア ZI

このページは「ハイエンド グラフィックカードGeforce GTX 980の性能を見てみよう!」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。