本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

Intel H110チップセットについて 〜 チップセットの違い

Intel H110チップセットについて 〜 チップセットの違い

この記事ではIntel H110チップセットについて解説します。このチップセットはIntel100シリーズのエントリーモデルに位置づけられており、ローコストをコンセプトにして設計されたチップセットです。Z170やH170、B150と違い、最大メモリ容量やメモリスロット数、USB3.0ポートの最大搭載数といったパソコンスペックに関わる部分が簡略化されているものの、一般に使う分には十分な性能を実現します。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H110チップセットのマザーボード一覧

Intel H110の仕様解説

以下の表がIntel H110の仕様です。

 

対応CPUskylake(LGA1151)サポート
対応メモリDDR4(デュアルチャネルメモリ)/DDR3L(デュアルチャネルメモリ)
オーバークロック非対応
PCI Express2.0最大6レーン(M.2非対応/Gen.3対応)
SLI/CrossFire対応
USB 3.0ポート最大4
USB 2.0ポート最大10
SATA3ポート数4
RAID非対応

Intel H110の仕様は以上です。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H110チップセットのマザーボード一覧

Intel H110の大きな違い

ではIntel H110 と他のチップセットの違いを見てきましょう。

Gen.2という点がネック?

100シリーズの他のチップセットはGen.3に対応していますが、H110だけはGen.2対応です。この点はスペック上見劣りするため、H110の利用に躊躇してしまうかもしれませんが、Gen.3に対応する高価なグラフィックボードを使用しないのであれば気にしなくて良い点と言えます。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H110チップセットのマザーボード一覧

メモリは32GB、メモリスロットは2つまで

100シリーズでメモリ容量32GB、メモリスロット2つまでと制限がかかっており、この点もGen.2と同じようにH110だけにかけられた制限のひとつですね。
高価なグラフィックボードを使用しないマシンであればメモリも32GB搭載できれば十分とも考えられます。

Intel H110のその他の特徴

コストパフォーマンスの良さはピカイチ

Skylake対応のチップセットとして最も安価なH110は、Z170やH170、B150といった上位モデルとは違い、エントリーユーザ向けです。そのため最新のCPUを使いたいけれども、価格はできるだけ安く上げたいというユーザーはH110一択です。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H110チップセットのマザーボード一覧

まとめ

CPUは最新のものを利用しつつ、グラフィック性能は内蔵GPUで十分、メモリも32GBあれば大丈夫といったユーザーはH110が向いています。
このような点からIntel H110は最新CPUを使う要請を満たしつつ、できる限り安価なスペックのマシンを作りたいという要望に応えてくれるチップセットです。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H110チップセットのマザーボード一覧

このページは「Intel H110チップセットについて 〜 チップセットの違い」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。