本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

Intel H170チップセットについて 〜 チップセットの違い

Intel H170チップセットについて 〜 チップセットの違い

この記事ではIntel H170チップセットについて解説します。このチップセットはIntel100シリーズでメインストリームに区分されるチップセットです。Z170とは違いオーバークロックやグラフィックボードの2枚挿しといったパフォーマンス追求型の機能は搭載されていませんが、価格を押さえながら最新のスペックを体験したいユーザーはチェックすべきチップセットです。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H170チップセットのマザーボード一覧

Intel H170の仕様解説

以下の表がIntel H170の仕様です。

対応CPUSkylake(LGA1151)サポート
対応メモリDDR4(デュアルチャネルメモリ)/DDR3L(デュアルチャネルメモリ)
オーバークロック非対応
PCI Express 3.0最大16レーン(M.2対応/Gen.3対応)
SLI/CrossFire対応
USB 3.0ポート最大8
USB 2.0ポート最大14
SATA3ポート数6
RAID0/1/5/10

Intel H170の仕様は以上です。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H170チップセットのマザーボード一覧

Intel H170の大きな違い

ではIntel H170 と他のチップセットの違いを見てきましょう。

Intel H170は100シリーズのメインストリーム

Intelはこのチップセットを100シリーズのメインストリームと位置づけており、CPUソケットがLGA1151に変更されたことからもこのチップセットは多くのユーザーが手に取ることになると思われます。
他のチップセットとはコンセプトの点でZ170はパフォーマンス重視、B150はビジネス用途、H110はエントリーモデルといった違いがあります。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H170チップセットのマザーボード一覧

十分な機能性を確保した優れもの

機能としてはフラッグシップモデルのZ170に比べるとPCI Express3.0の最大レーン数やPCI Express3.0のポート構成が異なるため、32Gbpsのフル帯域転送やSLI/Crossfireを利用したパワフルなグラフィックス環境の構築はできませんが、そのような機能を求めないユーザーにはうってつけのチップセットです。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H170チップセットのマザーボード一覧

値段を抑えて十分な性能を確保する

上に書いたように十分な機能性を確保していますから、100シリーズの性能を十分に享受しながらもある程度価格を抑えたいというニーズに応えられるチップセットと言えます。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H170チップセットのマザーボード一覧

Intel H170のその他の特徴

インテル スモール ビジネス アドバンテージ搭載

インテル スモール ビジネス アドバンテージ(Intel small business advantage)はBIOSへのソフトウェア攻撃に対処するなどパソコンのセキュリティを高めるための機能です。この機能が搭載されている100シリーズのチップセットはH170とB150で、パソコンがビジネス用途として使われることも想定して搭載されています。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H170チップセットのマザーボード一覧

QSVエンコード対応

100シリーズのチップセットでQSVエンコードに対応しているのはZ170とH170の2種類です。これまでQSVエンコードを恩恵にあずかってきた方はこのチップセットを選ぶことになりそうですね。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H170チップセットのマザーボード一覧

まとめ

Intel H170はZ170からハイエンドな機能を省いたメインストリームモデルです。ハイスペックを求めながらも、価格をある程度抑えたいユーザーには素晴らしい選択肢となります。
さらなるコストパフォーマンスを求めるならH110やB150も含めて検討して下さい。

↓この記事で紹介しているマザーボード

H170チップセットのマザーボード一覧

このページは「Intel H170チップセットについて 〜 チップセットの違い」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。