本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

ミドルレン ジグラフィックカードGeforce GTX 960の性能をみてみよう!

ミドルレン ジグラフィックカードGeforce GTX 960の性能をみてみよう!

ゲーミングPCのパフォーマンスを大きく左右するパーツの一つといえばGPUでしょう。GPUはゲームのグラフィック表示の要となっており、GPUの性能が低いと、自分の思い通りにプレイをすることが出来ません。そのため、ゲームをプレイするパフォーマンスは落ち、思い通りにいかないイライラも募る結果となります。
ただ、プレイするゲームによって、求められるGPUの性能は大きく変わります。ゲームによっては、ハイスペックすぎて、性能が余剰となりスペックが高い効果が感じられないこともあります。どんなゲームにどんな性能のGPUが必要なのかわかりにくいですよね。
そこで今回は、GPUの王道である「Geforce GTX」シリーズを取り上げ、どんなゲームの用途に適しているのか見ていきましょう。シリーズの中でも性能は異なり、低いスペックから高いスペックまで様々です。
「Geforce GTX」を使いたいけど、シリーズにはいろいろありすぎて、何を選べばいいのかわからないという方は、ぜひこの記事を読み進めてくださいね。

↓Nvidia GeForce GTX960搭載のゲーミングPC

おすすめゲーミングPC ガレリア XT

Geforce GTXのGPUスペックを比較してみよう

それでは、今回取り上げる「Geforce GTX」シリーズの性能を比較してみましょう。
スペックの性能比較対象として、「Geforce GTX960」、「Geforce GTX970」、「Geforce GTX980」の3つを取り上げます。
性能を比較してみると、CUDAコアの数値の差は歴然としています。ちなみに、CUDAコアとは、GPUの中で動くコア数です。CPUでは多くても数個しかコアはありませんが、GPUでは数多くのコアが動いているのですね。そして、シリーズにおける比較結果は以下の通りです。

■CUDAコア数の比較
Geforce GTX960:1,024
Geforce GTX970:1,664
Geforce GTX980:2,048

Geforce GTX960とGeforce GTX980の性能の差は約2倍になっています。シリーズによって性能は大きく変わりますね。
このような状況の中、性能比較した3つの中ではGeforce GTX 960の性能が一番低いことがわかりました。それでは、実際にゲームをする上では、この性能の差はどれほどプレイに影響があるのでしょうか?

ファイナルファンタジーXIVベンチマーク性能比較結果

具体的にプレイするゲームを例にあげて、Geforce GTX960の性能を見ていくことにしましょう。
まず性能を比較するゲームは、「ファイナルファンタジーXIV」です。ゲーミングPCでも根強い人気があるソフトですよね。2010年にリリースされたソフトなので、少し古いタイプのソフトに分類できますが、性能の結果はどう出るのでしょうか?
Geforce GTXシリーズにおける比較方法は、最高画質の設定にして、ベンチマークの値を比較します。数値が7,000以上であれば、非常に快適にプレイできるレベルです。

■ベンチマーク結果
ミドルレン ジグラフィックカードGeforce GTX 960の性能をみてみよう!

Geforce GTXシリーズの中で、Geforce GTX960は一番性能が低くなっていますが、6,000を超えれば快適という基準において、7,187と基準を大きく超える結果となりました。ファイナルファンタジーXIVであれば、Geforce GTX960の性能であっても、気にすることなく快適にプレイできることがわかります。
一方、Geforce GTX980の場合は、12,085と快適とされる基準の2倍の数値をたたき出しています。ただ、基準を超えるとあまり大きな動作の差とはならないため、オーバースペックであると言えるでしょう。このような場合、Geforce GTX980を選択することは得策ではありません。

the divisionベンチマーク性能比較結果

次に Geforce GTX960の性能を比較するために取り上げるソフトは「the division」です。こちらのソフトは2016年3月にリリースされた最新ゲーミングソフトです。オンラインRPGであるため、他のプレイヤーとタッグを組んでゲームをプレイすることも可能です。リアルなニューヨークを舞台に、パンデミックに立ち向かう主人公をプレイしていきます。
この最新ソフトに対して、Geforce GTX960の性能はどれほど通用するのでしょうか?指標の中から、平均FPSを比較してみましょう。ちなみにFPSとは、画面の滑らかさを示す指標であり、数値として60を越えれば快適にプレイできると言われています。60を下回ってしまうと、動きがカクカクになり、時々画面が止まってしまうような状況となってしまいます。
こちらが平均FPSの結果です。

Geforce GTX960
(画質レベル)
ウルトラ:30
高:40
中:50
低:62

Geforce GTX970
(画質レベル)
ウルトラ:44
高:57
中:74
低:92
Geforce GTX980

(画質レベル)
ウルトラ:57
高:74
中:93
低:114

Geforce GTX960の性能を見たとき、かなり画質を落とさないと、快適な動きでプレイすることはできないことがわかります。画質レベルを4段階中一番低い段階である「低」まで落とさないと、基準である60を超えることはできません。最新ソフトに対しては、Geforce GTX960では性能が足りないようです。
一方、Geforce GTX980の場合は、一番画質レベルが高い「ウルトラ」であっても数値が57となっており、リアルなグラフィックを画面に表示させても快適にプレイができる結果となりました。このような場合、より画質の高い状況でゲームをプレイしたいという時には、Geforce GTX980を選択することが得策であると言えますね。

性能よりも安さを取るのであれば「Geforce GTX960」

ここまで見ていただければお分かりのように、Geforce GTX960の性能は、少し古いソフトであれば十分快適にプレイできますが、最新のRPGゲームでは役不足となってしまいます。
もし、プレイするゲームの傾向として、高いGPUの性能が求められないのであれば、Geforce GTX960がオススメです。
Geforce GTX980は、性能としてはGeforce GTX960の2倍程度ありますが、性能の高さに伴い価格も高く設定されており、値段も2倍程度高く販売されています。
ここで大事なポイントは、「自分がどんなソフトをプレイしていくのか」ということです。性能を取るのか、価格を取るのかは、あなたのプレイスタイルにより変えていくべきでしょう。
Geforce GTX960は、一番性能が低いとはいえ、ある程度のレベルの性能は持ち合わせています。割安なグラフィックカードとして便利に使っていくことができるでしょう。
どんな部品も適材適所に選択していくことが重要であるということが、今回のベンチマーク比較をすることでわかりました。他にも比較してもらいたいソフトなどがありましたら、ぜひ教えてくださいね。

↓Nvidia GeForce GTX960搭載のゲーミングPC

おすすめゲーミングPC ガレリア XT

このページは「ミドルレン ジグラフィックカードGeforce GTX 960の性能をみてみよう!」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。