本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

マルチディスプレイとは ~生産性を大幅に向上できる複数画面表示

マルチディスプレイとは ~生産性を大幅に向上できる複数画面表示

マルチディスプレイとは、文字通り複数の液晶ディスプレイを用いて画像出力を行うことを意味します。皆さんも、マルチディスプレイという言葉は知らなくても、液晶ディスプレイを2台並べて使用しているのを見かけたことはあると思います。何故2台?と思われるかもしれませんが、主に事務作業において作業効率が大幅に向上することが多く、液晶ディスプレイの価格が安価になってきていることもあり、多くの企業で導入されている施策です。ここでは、最も単純な2台構成(デュアルディスプレイ)を中心に、用語などについて説明して行きます。

どのパソコンでも大丈夫?

グラフィックボードを備えたデスクトップパソコンの背面を見ると、DVI端子、HDMI端子など、複数のグラフィック出力端子が確認できると思います。ノートパソコンも同様ですね。ノートパソコンでも、HDMI端子やアナログVGA端子を備える機種は多くあります。CPUにグラフィック機能が搭載されていて、外付けのグラフィックボードを採用していない場合でも、2013年のIntelコードネームでSandy Bridgeと言われる世代からは、複数のグラフィック出力端子を備えることが多く見られるようになってきました。基本的に、2つグラフィック出力用の端子があれば(ノートパソコンの場合は1つ端子があれば)マルチディスプレイを構築することが可能です。念のため、液晶ディスプレイを購入する前に、確認はするようにしましょう。

基本的に接続するだけでOK

物理的な接続は、パソコン側のグラフィック出力端子(DVI、HDMI、VGA)と、もう一台の液晶ディスプレイを接続するだけです。パソコン側の電源はONのままでも基本的に問題が生じることはありませんが、ケーブル接続に際して、誤って電源スイッチを切ってしまったりなどの危険性も考えられます。念のため電源はOFFにしておいた方が無難でしょう。接続してパソコンを起動すると、2台目の液晶ディスプレイにも表示されるはずです。ここで表示されない場合は、ケーブル接続がしっかり行われているか、液晶ディスプレイ側に入力選択モードが存在する場合には、使用している入出力端子と合っているかを確認しましょう。

表示モードについて

特に何もせずに表示された状態では、Windowsの設定にもよりますが、クローンモード(複製モード)か、拡張モードのどちらかになっていると思います。クローンモードは、一般的にはビジネス用途で、ノートパソコンとプロジェクターなどを接続する際に用いられることが多いモードです。プロジェクターで投影している画面と、手元のノートパソコンの画面が一致していると、プレゼンの際にも便利、というわけですね。これに対して、他人に見せる想定ではなく、自分だけで情報を活用することが目的の場合は、同じ情報を2重に表示させても仕方がなく、拡張モードを用いることが多くなってくると思います。拡張モードは、表示領域が「拡張」されることになり、ブラウザを状況に応じてどちらの液晶ディスプレイに表示するか選択できたり、マウスポインタが2台の液晶ディスプレイの間を行き来したりする、そのような状態となります。

ゲーミングPCとマルチディスプレイ

マルチディスプレイはゲーミングPCにもとても有効で、おすすめです。確かに3画面以上の多画面状態だと威力も分かるけれども、2画面では・・と思われる方もいるかもしれませんが、2画面、デュアルディスプレイの状態でも、効果は抜群ですよ。ゲーミングPCとして、メインのプレイ画面を常時表示させながら、インターネットブラウザなどの情報確認をもう片方のディスプレイで行うことなども可能です。僅か2画面でも、一度体験すると戻れなくなってしまうほど、パソコンの使用環境向上に役立ちます。液晶ディスプレイも安価になってきましたし、予算の問題がある場合は、サブとして用いるディスプレイはゲーミング液晶とかではなく、安価なエントリーモデルでも良いと思います。それでも、多画面化の恩恵には十分得られると思います。

ドスパラで販売する液晶ディスプレイ一覧

このページは「マルチディスプレイとは ~生産性を大幅に向上できる複数画面表示」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。