本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

OSの基礎知識 ~ OSを選ぶ時のおすすめポイント

OSの基礎知識 ~ OSを選ぶ時のおすすめポイント

読者の皆さん、こんにちは。今回はOSの基礎知識とOSを選ぶ際のおすすめポイントについて書いていきたいと思います。

OSとは

OS(オペレーティングシステム)とは、多くのソフトウェアが共通して利用する基本的な機能などを実装した、システム全体を管理する、パソコンを動かすための基本となるソフトウェアです。過去を思い返すと新しいOSが誕生するたびに乗り換えるべきか、乗り換えるのなら乗り換えるタイミングはいつなのか、ほとんどのOSで悩んできました。筆者の場合、スムーズに乗り換えができたのはWindows 3.1からWindows 95のときとWindows 95からWindows 98およびWindows 98SEのときくらいです。筆者がWindows 98を使っていたときに、Windows XPの発表がありました。

「誰がXPに乗り換えるんだ、乗り換えるやつなんか少数派だろ」

と思っていましたが、あっさりWindows XPの時代になりました。また、Windows 7の発表があったときも

「7に乗り換えるやつなんかいないだろ」

と思っていましたが、あっさり7の時代になりました。そして、Windows 8、Windows 10へと時代が流れてきています。

Windows 8とWindows VISTAは、過去の乗り換えたOSの中で、唯一、使いにくいと感じたOSでした。筆者のメインマシンはWindows 8.1、サブマシンはWindows 7です。Windows 10は筆者はまだ乗り換えに躊躇しています。そんな現状を踏まえ本題に入っていきたいと思います。

Windowsの歴史

筆者の人生にも青年から美中年になるまでの歴史があるように、Windowsにも長い歴史があります。歴史は詳しく書くと眠くなってしまいますので、手短に書いてみます。

マイクロソフトが初めてオペレーティングシステム(OS)を名乗ったのは1993年に発売されたWindows 3.1からです。そしてすぐに世界的ヒットとなったWindows 95が1995年に登場します。それまで知識のある方しか使いこなせなかったWindows 3.1がWindows 95になり、誰にでも扱いやすいソフトウェアとなりました。Windows 95は、内蔵のインターネットサポートやダイヤルアップネットワーク機能、ハードウェアとソフトウェアのインストールを簡単にするプラグアンドプレイの機能を備えていました。Windows 95のあとは、Windows 98、Windows 98SE、Windows Meと進化していきます。歴史上、もっとも名を残したのは2001年に登場したWindows XPになります。

Windows XPが登場する以前、マイクロソフトは企業向けには Windows NT/2000、家庭向けにはWindows Meを提供していました。しかしその二つの使用感は、かなり違ったものでした。その二つの流れを一本化したのがWindows XPとなります。その次に出たWindows VISTAが不人気だったこともあり、長くWindows XPを使っていた方も多いと思います。そしてその後は読者の皆様もご存知だと思いますが、Windows 7 →Windows 8 → Windows 8.1へと進化し、現在のWindows 10に至っています。

OSとアプリケーションソフトの違い

よく「OSとアプリケーションソフトは何が違うのか」という質問を受けます。OSとは最初に書いたとおりパソコンを動かすための基本となるソフトウェアです。それではアプリケーションソフトと何が違うのでしょうか。

OSはパソコンが動作するための土台となる機能を提供するもので、OSという土台の上で動作させて作業するのがアプリケーションソフトになります。逆に言えばアプリケーションソフトは対応OSがあり、対応OSの上でしか使えません。

1.Windows 10のメリット

全世界で既に2億台以上のパソコンやタブレットで稼働しているといわれているWindows 10。おおまかにですが、そのWindows 10のメリットについて書いていきたいと思います。

1.OSアップグレードが無料

期間限定ですが、いままで有料だったOSのアップグレードが今回は無料で提供されています。無償アップグレードの提供期間は2016年7月28日までです。

2.スタートボタンの復活

Windows 8で問題となっていたスタートボタンが改良され復活しています。スタートメニューは、Windows 7のスタートメニューにWindows 8のライブタイル機能を追加したようなデザインになっています。

3.新しいブラウザ「Edge」

新しいブラウザ「Edge」が追加されました。インターネットエクスプローラ(IE)と比較するとシンプルデザインになっています。Webページに手書きでメモを書きこむことができる「Webノート機能」が便利です。なお、IEが良い方は、IEも標準でインストールされているので使うことができます。

4.日本語可能な音声アシスタント機能Cortana(コルタナ)

Androidの「Google Now」やiOSの「Siri」のような音声アシスタント機能のCortana(コルタナ)が使えます。パソコンのマイクに向かって話しかけることで、会話をしたりできます。

5.Windows Helloによる強固なセキュリティ

生体認証技術を使ったセキュリティー機能のWindows Helloが使えます。顔や虹彩、指紋認証を使ってログオンできます。

Windows 10のデメリット

こんなに便利で進化した機能が備わっているのに、なぜ筆者はWindows 10へ移行していないのかと不思議に思う方もいるかと思います。その理由は筆者の使っているマイナーメーカーのハードウェア、及びソフトウェアがWindows 10に対応していないからです。またそれ以外のデメリットもありますので書いていきたいと思います。

1.Windows Updateの詳細な設定ができない

Windows 10ではWindows Updateが自動的に実行されてしまい、ユーザーが更新プログラムの確認をしないようにする設定は今のところありません。

2.自動メンテナンスが勝手におこなわれる

時刻設定はできるもののWindows Updateと同じく機能自体を停止させることができない仕様になっています。

3.Windows 10に対応していないドライバやソフトウェアがある

そして、冒頭であげたこの理由となります。

まとめ

最後にWindows 10を選ぶべきかどうかですが、今から新規でゲーミングPCを購入する方には向いていると思います。あとはWindows 10で動かない可能性のあるソフトウェアやデバイスを使用していない方にもおすすめです。自分のプレイしたいゲームやアプリケーションソフトがWindows 10に対応しているかどうか調べてから決めるというのが一番おすすめの選択肢となります。

「なんですって!?俺はLinux派(リナックス:フィンランドのヘルシンキ大学の大学院生が開発したOS)ですって!?・・・そりぁ(汗)・・・Linuxも(汗)・・・詳しいですけど(ホラッチョ中年の焦り)・・・うぶんとぅ(うーんと)・・・(汗(意味の分からない人、すみません(滝汗)))

Windows OSの一覧はこちら

Windows 10搭載のパソコンはこちら

このページは「OSの基礎知識 ~ OSを選ぶ時のおすすめポイント」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。