本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

SSDとは ~ SSDはゲームをプレイするのに必要

SSDとは ~ SSDはゲームをプレイするのに必要

SSDは、ソリッドステートドライブ(solid state drive)のことで、フラッシュメモリを使用した記憶装置です。ハードディスクは、HDDという記載と、カタカナ表記でハードディスクという記載と両方が使用されていますが、SSDは一般的にアルファベットで表記されることがほとんどです。PC業界のちょっと不思議な慣習ですね。SSDはOSから見た、つまりユーザーから見た機能としては、ハードディスクと完全に同一です。インターフェイスもシリアルATAで同じですので、感覚的にはハードディスクとまったく同じに扱うことができます。ただし、性能は段違い。ハードディスクに比べて、非常に読み書きが速いのです。SSDの特徴と、関連する用語について説明して行きましょう。

SSDはハードディスクの4~5倍高速

まずSSDの速度は実際どのぐらい速いのでしょうか。現在販売されているハードディスクが読み書きともに 150MB/s 程度と考えると、最新のSSDは 500MB/s を超えてきていますので、数値的にも4~5倍は高速であると考えることができます。多くのユーザーが、製品のベンチマーク実装値を公開していますが、ここではドスパラさんの公式ブログを紹介しますね。

■ ドスパラ – 製品レビュー
3TBハードディスクの使用法大検証、2TBの壁も再チェック
SAMSUNGの新SSD「850 EVO」を検証

速さの違いは確かに体感することが出来ます

このSSDの速さは、パソコンの電源を投入後の起動スピードにはじまり、パソコンを使用している間はずっとその効果を体感できるものです。パソコンは、インターネット閲覧程度であればおよそどのパソコンでも支障ないほど性能的には成熟してきているところがあり、明らかな速度差を体感できる部分はなかなか無い、というのが実情です。SSDは技術の進歩、その恩恵を体感できる貴重な部分です。ハードディスクをSSDに付け替えると、ちょっと感動するぐらいの使用感の向上を体感できると思いますよ。

速さ以外にもメリットがあります

SSDは速さだけでなく、ハードディスクのような回転モーターを必要としないことから、省電力性にも優れます。また、軽量で耐衝撃性にも優れており、こうした特性を活かして、ノートパソコンへの標準採用が進んでいます。物理的に駆動する箇所が無いということは、静音性にもつながります。SSDは事実上、無音と考えて良く、パソコン環境全体の改善にも大きな効果をもたらすのです。

デメリットは高価なこと

そのようなSSDにもデメリットはあります。まず、現実的に高価だということです。1TBのハードディスクをパーツで購入する場合、もっとも安価なものでは6、000円程度の価格になってきていますが、同じ容量1TBのSSDは46,000円前後の価格となっています。価格的には大きな開きがあることが分かります。

TOSHIBA MQ01ABD100 [1TBハードディスク]

Crucial CT1000BX100SSD1 [1TB SSD]

このため、現時点では、多くのユーザーはSSDは起動ドライブとして必要最小限の容量のものを購入し、データの保存用としてはハードディスクを活用するという使い分けを行っているのです。現時点では、SSDは容量256GBクラスのものが人気があるようです。256GBであれば、安価なものであれば1万円程度で購入することが可能ですので、価格と容量そしてスピードのバランスが取れていると考えられているのです。

ADATA Premier SP600 SSD ASP600S3-256GM-C [256GB SSD]

SSDは中身はフラッシュメモリそのものですので、量産効果によって、或いは生産技術の進歩によって、価格は時間とともに確実に安価になってきています。いずれはテラバイト(TB)クラスのSSDを気軽に使用できる日が来るでしょう。待ち遠しいですね。

書き換え回数の上限も存在します

SSDの中身であるフラッシュメモリは、NAND型メモリとも呼ばれ、データを記録するセルの書き換え回数に一定の制限があります。データの書き換えの際に電子が通過することによって、絶縁層が劣化していく、徐々に絶縁効果が薄れていくことが原因です。一定以上劣化したセルは、不良ブロックとなりますが、SSDには不良ブロックの検知と回避を行う制御ロジックも組み込まれていて、通常の使用では問題は発生しません。それでも、使用とともに劣化していくという「寿命」の概念があることは理解しておいた方が良いでしょう。書き換え頻度の上限回数は各社の企業秘密で公表されていないのですが、SLCで10万回程度、MLCで1万回程度の消去・書き込みが上限ではないかという情報もあるようです(出典:Wikipedia)。SSDの寿命については、多くのユーザーがデータの欠損状況を検証して公開しています。 頻繁に書き換えを行う場合でも、100~200年の寿命という結果も見られ、パソコンのデバイスとして、現実問題として寿命の問題を心配する必要は無さそうです。

SLCとMLCの違い

先ほど、SLCとMLCという用語を用いましたが、NAND型メモリには、SLC(Single Level Cell)とMLC(Multi Level Cell)の2種類があります。SLCは1つの記録素子に1ビットの情報を記録するという意味で Single と呼ばれ、MLCは2ビット以上の情報を記録するという意味で Multi と呼ばれます。SLCは書き込み速度が速く、書き換え回数の上限も高い特徴がありますが、比較的に高価であり、サーバー向けなど産業用のSSDに用いられるケースが多くなっています。MLCは、絶対性能では劣るものの安価であり、SLCと比較して劣るとは言っても、ハードディスクに比べると圧倒的に優れた速度性能を発揮することから、一般ユーザー向けに販売されるSSDはMLCタイプのものが主流となっています。

Trim機能とは

Trim機能とは、SSDのデータを完全に消去する機能です。これはハードディスクも実は同様ですが、SSDはOSからデータ削除の処理を行っても、OSから読み出せなくなっているだけであり完全に消去されているわけではありません。Trim機能によって、データ消去することで、SSDの速度低下の抑制や延命が図れるのですが、これはOS側でTrim機能に対応している必要があります。Windowsでの対応はWindows 7から始まっていますが、Windows 7では自動実行はサポートされていません。Windows 8以降は定期的にTrim機能を実施しメンテナンスできる機能が追加されています。

ゲーミングPCにもSSDはおすすめ

SSDはパソコン全体の使用感を大きく向上させてくれるデバイスです。SSDを起動ディスクとしてシステムファイルを置くことで、パソコンの起動が速くなるだけでなく、パソコン全体の動作レスポンスの向上が期待できます。SSDは、ゲーミングPCだけでなく、パソコンにとってもはや必須と言って良いと思います。特に一瞬の動作の早さを争うFPSなどをメインでプレイするユーザーには重要性が高いでしょう。ゲーミングPCにはSSDが必要、これはぜひ覚えておいてください。

このページは「SSDとは ~ SSDはゲームをプレイするのに必要」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。