本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

【eスポーツ情報】平昌五輪公認eスポーツ大会『2018 Intel Extreme Masters PyeongChang』

【eスポーツ情報】平昌五輪公認eスポーツ大会『2018 Intel Extreme Masters PyeongChang』

皆さんオリンピック見てますか?
初のメダルとなった男子フリースタイルモーグルの原大智選手の銅メダルを皮切りに、ソチ五輪で代表落選し屈辱の日々の末銀メダルを勝ち獲った高木美保選手、重圧に耐えてソチ五輪のリベンジを果たした高橋沙羅選手の銅メダル…最初からクライマックスだぜ!と言わんばかりに胸を打たれています!!
eスポーツがオリンピック正式種目になりそうな話で軽く触れていましたが、今回の平昌五輪のトップスポンサーであるインテルが、平昌五輪公認大会のeスポーツ大会『2018 Intel Extreme Masters PyeongChang』を開催しました。

スタークラフト2でカナダ人の女性選手が優勝!

2月5日から7日まで、世界各地から18の選手が競い合いました。決勝は地元韓国のsOs(キム・ユジン)選手V.S唯一の女性選手、カナダのスカーレット選手。ユジン選手は数々のスタークラフトの国際大会での優勝経験を持ち、世界最強と言われている選手です。対してスカーレット選手は、女性プロゲーマーとして最高のキャリア収入を得ているとしてギネスブックに認定されています!どちらもすごい選手ですが、ホームというところでユジン選手が有利とみられていましたが、結果は4-1でスカーレット選手が優勝しました!

【eスポーツ情報】平昌五輪公認eスポーツ大会『2018 Intel Extreme Masters PyeongChang』

ちなみにスカーレット選手はザーグ、ユジン選手はプロトスで勝負しました。(スタークラフト2のゲームシステム・ルールについてはこちらの記事をご覧ください→スタークラフト2ってどんなゲーム?

優勝賞金は$5000!!!
賞金総額は15万ドルだったそうで…さすがインテル、さすがオリンピック公認大会…。

東京オリンピックでもeスポーツ大会は開催されるか

eスポーツのオリンピック正式種目化は2024年のパリ五輪を目標に進められています。東京オリンピックではまだ正式種目にはならなそうですが、JeSUの発足で今後大規模な国際大会が日本でも企画されると思いますので、今回の公認大会のようなオリンピックと同時開催のeスポーツ大会が東京五輪でも開催されると思います!
まだ何のタイトルが使われるかなどは全く分かりませんが、スタークラフト2はインターフェースが日本語非対応なのであんまり日本人プレイヤーがいないんですよね。(今回出場した18名にも日本人は一人もいませんでした。)
日本の競技人口を増やしたいところですね!

 


【関連記事】

【eスポーツ情報】日本eスポーツ連合『JeSU(ジェス)』が発足!
【eスポーツ情報】eスポーツがオリンピック正式種目になりそうな話
スタークラフト2ってどんなゲーム?

【関連リンク】
Intelニュースルーム
ブリザード・エンターテイメント
スタークラフト2公式サイト

このページは「【eスポーツ情報】平昌五輪公認eスポーツ大会『2018 Intel Extreme Masters PyeongChang』」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。