本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

【eスポーツ情報】小学生のeスポーツ大会

先日、小学生の息子がコロコロコミックを持って私のもとへやってきました。

「お母さーん、俺これ出るから」

そう行って見せられたのはコロコロコミック12月号の「最強小学生軍団決定トーナメント コロコロカップ」の概要ページでした。

初めは漫画の中の話かと思って話半分に聞いていたのですが、きちんとしたeスポーツ大会だったのでご紹介します!

コロコロカップとは

コロコロカップは小学館の月刊誌「コロコロコミック」主催の小学生を対象にしたゲーム大会です。

コロコロコミックは子供のころにお世話になっていた方も多いのではないでしょうか。
私も「つるピカハゲ丸くん」とか「おぼっちゃまくん」でよく笑わせてもらいましたね~。
大人になった今でもふと茶魔語がよぎる事がありますよ。

そんな長寿コミック誌ですが、コロコロカップは2013年にポケモンの最強小学生を決める大会を開催したのが始まりです。
これまではスマッシュブラザーズやポケモンを使った大会が行われていたそうです。
2016年にはWii Uのスプラトゥーンで大会が行われ、大盛況だったようです。

そして今度のコロコロカップはNintendo Switchの「スプラトゥーン2」を使用したトーナメント大会となっております!

スプラトゥーンシリーズ

今更言わずもがな…
と思われるかもしれませんがスプラトゥーンってどんなゲームなのかざっくりご紹介させてくださいね!

スプラトゥーンはかつて不振だったWii Uを救ったと言っても過言ではないくらいの超人気タイトルです。

どこかパッとしなかったWii Uのタイトル達の中で、2015年に発売されたスプラトゥーンは爆発的に売れ、一時品薄にもなりました。
そして2017年7月にNintendo Switchからスプラトゥーン2が発売され、これまた今でも売れ続けています。

スプラトゥーン2公式サイト

人とイカ、姿を変えながらストリートを塗りまくるTPSゲームで、オンラインで4人一組のチームとなってバトルします。
多種多様なブキ(色を塗る道具)、ギア(服などの装備品、防具)を自分好みのプレイスタイルにコーディネートして戦います。

TPSゲームはバイオレンスな表現が使われがちですが、スプラトゥーンは鮮やかでポップなグラフィックデザインに、基本とにかく塗りまくる!というわかりやすいルール設定、チャット機能がないので誹謗中傷などによるプレイヤー同士のトラブルが無く安心してプレイできるところが子供も楽しめる内容になっています。
とはいえ、4人チームとなって戦うので、味方のブキの性能を見て自分の立ち回りを考えたり、チャット機能がない分作戦を共有することができないので、その場の状況を一人一人が見極めて役割を汲み取って動いていくことが必要となります。
その辺はちゃんとeスポーツだな~と思っています。

私の息子も家に遊びにくる息子のお友達も、みんなスプラトゥーンが大好きです。
一台のNintendo Switchで一人プレイなので代わりばんこでプレイしています。

毎年子供の誕生日に好きなキャラクターのケーキを作っているのですが、今年はスプラトゥーンをリクエストされ、ハロウィンの仮装もスプラトゥーンのボーイの恰好になり、イカまみれな日々です。

『スプラトゥーン2』最強小学生軍団決定トーナメント概要

さて、そんな小学生を熱狂させるスプラトゥーン2の最強を決めるトーナメントの概要は以下の通りです。

地区予選会場 【名古屋会場】ナゴヤドーム:2018年1月21日(日)
【東京会場】幕張メッセ:2018年1月27日・28日(土・日)
【福岡会場】福岡ヤフオク!ドーム:2018年2月4日(日)
【大阪会場】京セラドーム大阪:2018年2月11日(日)
【決勝大会】京セラドーム大阪:2018年2月11日(日)
参加資格 小学生以下の4人チーム
ルール 4vs4 ナワバリバトル×1試合(3分間)
賞品 参加賞:オリジナルバンダナ
地区大会優勝者:オリジナルTシャツ&全国大会出場権
全国大会優勝者:コロコロカップトロフィー

エントリー方法は、大会公式サイトより、お父さんお母さんと一緒にチームの代表者がエントリーします。(わが子はお友達のお父さんがエントリーしてくれたみたいです)希望者が多い場合は抽選になるとのこと。

この地区大会の場所と日時ですが、小学館企画の次世代ワールドホビーフェアという子供向けのゲーム&ホビーの大規模催事と同じなので、きっとこのイベント内で行われるものと思われます。
小学生対象とはいえ、なかなか規模の大きな立派なeスポーツ大会ですよね!

子供も知らず知らずにeスポーツの選手だった

ゲームがスポーツというとまだまだ日本では広く認識されていないeスポーツですが、小学生もこうして知らず知らずの内にeスポーツ選手になってるんですね。
私の息子はまだ小学2年生ですが、一緒にエントリーしたお友達と日々作戦を考えている様子です。
どうやったら勝てるのか、どのブキで、誰がどんな役割で動けばいいか…
真剣に考える姿をは選手そのものです。

我が家ではゲームは1日1時間、さらにゲームした時間と同じ時間外遊びをすることがルールとなっているので、練習時間の制約は多いですが、せっかく参加するのなら上を目指して頑張ってほしいなと思っています。


【関連記事】
【eスポーツ情報】RIZeST Gamer’s Base
【PCゲーム紹介】スタークラフト2ってどんなゲーム?
【eスポーツ情報】eスポーツがオリンピック正式種目になりそうな話
【eスポーツ情報】PES LEAGUE WORLD TOUR 2018
【eスポーツ情報】『注目すべきeスポーツ国内大会まとめ』
【eスポーツ情報】『日本のeスポーツの発展を願う話』

PCゲーム初心者の冒険の書

【関連リンク】
『スプラトゥーン2』最強小学生軍団決定トーナメント公式サイト
スプラトゥーン2公式サイト
次世代ワールドホビーフェア