本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

【eスポーツ情報】プロゲーマーのドキュメンタリー映画『リビング ザ ゲーム』

【eスポーツ情報】プロゲーマーのドキュメンタリー映画『リビング ザ ゲーム』

海外で絶賛され、世界最大のドキュメンタリー映画祭であるカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭や、広州国際ドキュメンタリー映画祭に正式招待された話題のドキュメンタリー映画『リビング ザ ゲーム』が2018年3月上旬、シアター・イメージフォーラム(渋谷)で上映されることが決定しました。

~時代の寵児か、社会のはみ出し者か~
『リビング ザ ゲーム』は実在するプロゲーマーに密着したドキュメンタリー映画です。
今回は『リビング ザ ゲーム』の紹介と合わせて、日本のプロゲーマーについてお話しようと思います!

プロゲーマーという職業

”2018年は日本のeスポーツ界発展の年”と言われ、世界で大ブームを起こしているeスポーツが、ようやく日本でも発展の兆しを見せています。
2月に開催される闘会議2018では日本で初めてプロライセンスを発行する大会が行われることで『プロゲーマー』という職業も着々と認知されていくことでしょう。
それではこれまで日本にはプロゲーマーはいなかったのか…というと、そうではないんですね。日本人にも、プロゲーマーとして世界で活躍されている方が、世界と比べると少ないですがいらっしゃいます。
プロゲーマーはゲーム関連企業などをスポンサーとして世界各地で行われるゲーム大会を転戦して賞金を獲得しながら生計を立てている職業です。
試合となると大勢の観客が押し寄せ、常人の域を超えたプレイで観客を熱狂させます。中にはスター・プレイヤーやカリスマ的な選手も存在し、ファンもいるほどです。ゲームで飯が食える人気者なんて、一見遊びでお金もらえていいなー!なんて考えがちですが、他のスポーツ選手と同様、勝ちへの執念やプレッシャーを背負って努力するのは並大抵のことではありません。さらに一般的な会社勤めとはもちろん違うし、ゲームという短絡的にみると娯楽要素の強い種目は、ゴルフやサッカーというような日本でスポーツとして幅広く認知されている種目と違って世間一般から理解されず、社会的な背徳感を抱え、日々葛藤しながらゲームと向き合っているプロもいらっしゃいます。
『リビング ザ ゲーム』はそんなプロゲーマー光と影に密着したドキュメンタリー映画となっているようです。

ストリートファイターで活躍中の日本人プロゲーマーが出演

1990年代に爆発的な人気を得て、格闘ゲームの代名詞と言えるタイトルへと成長した「ストリート・ファイターシリーズ」。2000年代に入ると大規模なゲーム大会が世界各地で開かれるようになり、いつしか日本発信のゲーム・カルチャーは、全世界でプレイされるようになりました。1vs1で相手のゲージが無くなるまで攻撃をするというシンプルなルールにもかかわらず、60フレーム(1秒を60コマに割った世界)の中で、いかに相手の動きを読んでコマンド操作でクリティカルな攻撃が繰り出せるか…という直感的で複雑な駆け引きが若者を熱狂させました。キャラクターによって操作や攻撃のモーションにそれぞれ特徴があるので、対戦相手のキャラクターの特性を読み取りながら自分のキャラクターを操作してクリティカルなパフォーマンスをするのはなかなか難しいことです。
ストリートファイター2の時代ではゲームセンターで対戦台に行列ができて、強いやつがいると噂になって他のゲーセンから道場破りのように乗り込んできたりというようなことが多々ありました。最強を目指して家のスーパーファミコンでコマンドコンボを研究し鍛え、ゲームセンターで腕を振るう…今思うと1990年代当時からすでにeスポーツとしての土台があったように思います。
そうした背景もあって、2000年代に入りeスポーツの競技タイトルとしてストリートファイターが発展し、必然的にプロゲーマーは生まれたんですね~。
『リビング ザ ゲーム』に日本人プロゲーマーとして出演されているのは、格闘ゲーム大会の最高峰「EVO」で二連覇を果たした梅原大吾さんとももちさんです。梅原大吾さんはビースト(野獣)と呼ばれ、プロゲーマーとして世界中のファンから絶大な人気を誇っています。ももちさんは恋人でプロゲーマーのチョコブランカさんとともに、格闘ゲーム界の頂点を目指しています。さらに、アメリカ、フランス、台湾と世界各国の選手を巻き込んで、ワールドワイドなストーリーとなっています。

制作陣もワールドワイド!

『リビング ザ ゲーム』は日本と台湾による国際共同制作だそうです。近年若き映像作家を次々とデビューさせる東京ビデオセンターが中心となり、世界に通用するドキュメンタリー制作を目指すWOWOW、そして台湾で最も有名なドキュメンタリーの映像会社CNEXが協力し、制作陣も日本はもとよりアジアやヨーロッパから、国籍を越えたチーム編成を実現し作成されました。
2016年9月に初公開され、2017年カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭、2017年広州国際ドキュメンタリー映画祭、2017年TOKYO DOCS等に出品され、世界各国で話題を呼び、ようやく2018年3月上旬より日本で上映されることになりました。
プロライセンス発行の大会を控え、日本人プロゲーマーは今後どんどん増えていくと思います。この映画を通じて少しでもプロゲーマーの事を知り、広く認知されて欲しいなと思います!私も是非見たいと思っています!

 

『リビング ザ ゲーム』ⓒWOWOW/Tokyo Video Center/ CNEX Studio

監督合津貴雄
キャストももち(日本)
梅原大吾(日本)
チョコブランカ(日本)
ゲーマービー(台湾)
ジャスティン・ウォン(アメリカ)
ルフィ(フランス)
製作田嶋敦
中嶋雷太
ルビー・チェン
カメラ宮川公一郎
原題Living the Game
上映時間88分
製作年2016年
製作国日本・台湾合作
提供WOWOW/ 東京ビデオセンター/ CNEX Studio
配給東京ビデオセンター

 

『リビング ザ ゲーム』公式サイト


【関連記事】
番外編『日本のeスポーツの発展を願う話』
番外編『注目すべきeスポーツ国内大会まとめ』

PCゲーム初心者の冒険の書

【関連リンク】
『リビング ザ ゲーム』公式サイト
ストリートファイターⅤ公式サイト

このページは「【eスポーツ情報】プロゲーマーのドキュメンタリー映画『リビング ザ ゲーム』」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。