黒い砂漠とは

黒い砂漠は株式会社ゲームオンが運営するMMORPGで2015年5月にサービスが開始されました。基本プレイは無料で、ゲームを有利に進めるためのアイテムが有料販売されています。 公式ホームページではオンラインRPGの到達点を謳っており、ロールプレイングゲームつまり、役割(ロール)を演じる(プレイ)ゲームとして他のゲームにはない特徴とこだわりを持っていることが特徴です。
ゲームの特徴〜戦闘と生活コンテンツ
MMORPGの中でも戦闘と生活要素の双方が充実しており、楽しめるコンテンツがとても広いことで有名です。プレイヤーが楽しむこれらの要素を解説します。
リアリティある大規模戦闘
戦闘システムはノンターゲッティングシステムと呼ばれ、対象を指定せずにスキルやコマンドを発動することで戦うため迫力のあるリアルな戦闘が楽しめます。 さらにウマのような騎乗生物に乗った状態の戦闘は高速に移動しながら戦うこともできるため、プレイヤーには精度高いコマンド入力や立ち回りが求められます。 他のゲームにもある大規模戦闘は数百人規模で同時多発的に勃発するため、白熱した戦いに参加可能です。これはギルド間戦争であり、勝利側はそのエリアの領主を名乗ることができて税の徴収など領主として振る舞うことができるでしょう。
ゲームの中で暮らす〜生産コンテンツの充実
ゲームの中であえて積極的に戦闘を行わず、会話や金策を楽しむこともできます。つまり職人や商人を演じるプレイも可能で、ほとんどのMMORPGにはこのような職人プレイを支援するコンテンツがあるものの、このゲームは特に奥深いコンテンツを用意しています。 プレイヤー自身が生産や採集を行うこともできますが、ゲーム内に用意されている労働者に作業させることもできます。 労働者を使うと特産品の大量生産等も可能なため、高度で効率的な生産活動が実現するでしょう。 さらに生産した特産品は拠点を開拓することで貿易することも可能で、変動する相場を横目に商人として活躍することもできますよ。
プレイヤー間取引ができない〜BOT・RMT対策
MMORPGにつきまとう問題としてBOTやRMT問題がありますが、本ゲームはこれらの問題を回避するために、プレイヤー同士で直接アイテムやお金のトレードができない仕様になっています。 このことには賛否両論あり、BOTがいないゲームは素晴らしいという肯定的な意見、トレードができないのは不便出しリアリティに欠けるという否定的な意見もあります。 トレード禁止によるBOT・RMT対策はオンラインゲームとしては類を見ないもののため、今後はどのように変更されるのか、またはこのままの形で継続されるのか注目されるところです。
プレイヤーの楽しみ方〜住人として生きる
プレイヤーは上に書いた特徴の通り、敵との戦闘や職人・商人としての生産プレイに興じることができます。 そのため戦いに赴きたい時は戦闘をし、お金やアイテムが欲しい時は生産をするといった「住人としての生活」を送る楽しみ方を取るプレイヤーが多いです。 一本道のストーリーを戦士として追っていく遊び方よりもむしろ、どのようにして黒い砂漠の生活を営んでいくか、その中にあるチャレンジや努力がこのゲームの楽しみでしょう。
まとめ
本ゲームは数百人規模のギルド間戦闘や労働者を使った生産や貿易といった要素が特徴で、戦闘と生活というMMORPGに欠かせない2大要素のどちらにも力を入れたゲームです。 またオンラインゲームの大きな問題となりがちなBOT・RMTにはトレード禁止という手段で対抗しています。賛否両論のある手段のため、今後はどうなるか注目です。 皆さんはどのような生活を営みますか?現実世界では体験できないファンタジーならではの生活も本ゲームで送ることができそうですね。

このページは「黒い砂漠」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。