CPUとは

CPUはコンピュータの頭脳と呼ばれる部品で、マザーボードと呼ばれるパソコンのメインの基板に設置されています。
CPUの2大メーカー
パソコンで利用されるCPUは事実上2つの大きなメーカーが供給しており、ひとつはIntel、もうひとつはAMDという会社です。 知名度ではIntelが圧倒的に高く、家電量販店で売られているパソコンはもちろん、ゲーミングPC、サーバなどあらゆるPCでIntelのCPUが使われています。 AMDはどちらかというと若干マニアよりでこだわりの詰まった自作パソコンを愛用する方やグラフィック性能にこだわりが強くAMDのCPUとグラフィックスチップを組み合わせて利用したい方などに選ばれています。
CPUメーカーは慎重かつ大胆に決めよう
自作パソコンやBTOパソコンを購入する場合、CPUメーカーは最初に決めるべき項目です。 というのも、CPUに対応するマザーボード(パソコンのメイン基板)はパソコンのハードウェア面の性能を大きく左右する部品ですから、まずはCPUメーカーを決めて、その中から利用するCPUとマザーボードを決め、さらにその上で細かいパーツの構成を考えていくのが一般的です。 例えばあとから、IntelはやめてAMDにしようとするとパーツ構成の大部分をやり直すことになりかねません。 そのためどのメーカーのCPUにするのか、そしてマザーボードは何にするのかはしっかり考えておきたいところです。 しかしIntelとAMDのどちらを選ぶにせよ、大きなメリットデメリットはありませんから、AMDにする理由がなければIntel製CPUを使うといった決め方でも大丈夫です。

このページは「CPU」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。