HDDとは

HDD(Hard Disk Drive)とはデータを保存する装置のことで、パソコンやサーバなどコンピュータに広く用いられています。 パソコンの筐体内にあるものを内蔵ハードディスク、ケーブルやネットワークを介して接続するものは外付けハードディスクなどと呼び区別することもあります。
HDDの特徴と構造
ハードディスクには磁性体で作られた円盤(プラッター)が内蔵されており、これにデータが記憶されます。 データの読み書きは左右にスイングする磁気ヘッドが行い、レコード針のような動きでデータにアクセスする仕組みです。 このような構造のため振動や衝撃に弱いのが特徴で、パソコンを使っている時は動かしてはいけないと言われるのはこのためです。 物理的に磁気ヘッドを動かしてデータを読み書きするため、データアクセスに時間がかかることが欠点ですが、容量あたりの価格が低いためストレージとして広く用いられています。
大容量ストレージにはHDDが最適
以前よりストレージの低価格化が進んでおり、個人でも数TBの大容量ストレージを持てるようになりました。 かなり昔からある技術のためデータの安全性も高く、価格面でも有利なため容量の大きなストレージを構築するにはHDDが最適です。

このページは「HDD」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。