【グラフィックボード】GTX 1660 Ti 性能レビュー【初心者におすすめGPU】
スポンサーリンク

GTX 1660 Tiの概要・特徴

GTX 1660 Tiは2019年2月後半に発売された、NVIDIA製のGPUです。
RTX 20シリーズと近い時期に発売されており、GTXシリーズではありますが、アーキテクチャはPascalではなく、RTX 20シリーズと同じTuringとなっています。
RTX 20シリーズとの主な違いは、リアルタイムトレーシングに対応するための「RTコア」と「Tensorコア」が搭載されていない点です。上記からRTX 20シリーズの廉価版的な立ち位置になっていて、GTX 1060に替わるミドルクラスGPUとして注目されています。

GTX 1660 Tiの基本性能・ベンチマーク

GTX 1660 Tiの基本的な性能やベンチマークを確認していきます。
基本的な性能については、ほかのGTX・RTXシリーズ製品を含めて確認し、ベンチマークは実際に著者環境で計測してみました。

GTX・RTXシリーズ基本性能一覧

GTX 1660 TiとGTX 1060・GTX 1070・GTX 1080・RTX 2060の性能を一覧にしました。
こうして見るとGTX 1660 Tiの基本性能の高さが伺えます。

GTX 1060 GTX 1070 GTX 1080 GTX 1660 Ti RTX 2060
アーキテクチャ Pascal Pascal Pascal Turing Turing
CUDAコア 1280 1920 2560 1536 1920
Tensorコア - - - - 240
RTコア - - - - 30
リアルタイムレイトレーシング対応 - - - -
バスインターフェース PCIe 3.0 x16 PCIe 3.0 x16 PCIe 3.0 x16 PCIe 3.0 x16 PCIe 3.0 x16
ベースクロック [MHz] 1506 1506 1607 1500 1365
ブーストクロック [MHz] 1708 1683 1733 1770 1680
メモリ速度 [Gbps] 8 8 10 12 14
メモリ容量 6GB GDDR5 8GB GDDR5 8GB GDDR5X 6GB GDDR6 6GB GDDR6
メモリインターフェース幅 [bit] 192 256 256 192 192
メモリ帯域幅 [GB/s] 192 256 320 288 336
DirectX 12.0 12.0 12.0 12.0 12.0
OpenGL 4.5 4.5 4.5 4.6 4.6
G2D Rating 816 889 924 815 856
G3D Mark 9095 11351 12448 11474 12987

参考元:https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/products/10series/compare/
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/graphics-cards/gtx-1660-ti/
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/graphics-cards/rtx-2060/
https://www.videocardbenchmark.net/compare/GeForce-GTX-1660-Ti-vs-GeForce-GTX-1060-vs-GeForce-GTX-1070/4045vs3548vs3521
https://www.videocardbenchmark.net/compare/GeForce-GTX-1660-Ti-vs-GeForce-GTX-1080-vs-GeForce-RTX-2060/4045vs3502vs4037

基本性能を比較すると、GTX 1660 TiはGTX 1060・GTX 1070・GTX 1080よりもメモリ速度が速いことが読み取れます。
またメモリがRTX 2060と同じGDDR6となっている点も特徴的です。

GTX 1660 TiとGTX 1060の比較

CUDAコアやベースクロック・ブーストクロック・メモリ容量などに着目すると、さまざまな項目でGTX 1060と同程度またはより高性能になっていて、G3D MarkのスコアもGTX 1060より高いです。GTX 1060の後継機種として文句のない性能になっています。

GTX 1660 TiとGTX 1070の比較

GTX 1070と比べると、GTX 1660 TiはCUDAコアは少なく、メモリインターフェース幅も小さく、メモリ容量も少ないです。一方で、GTX 1070のメモリがGDDR5であるのに対して、GTX 1660 Tiのメモリはより新しいGDDR6になっています。加えてメモリ帯域幅はGTX 1660 Tiのほうが大きくなっており、G3D MarkのスコアはGTX 1070と同程度です。
これからGTX 1070を購入する予定の方は、GTX 1660 Tiも検討することをおすすめします。

GTX 1660 TiとRTX 2060の比較

同じTuringアーキテクチャを採用するRTX 2060と比べると、RTX 2060はTensorコアとRTコアを搭載していて、リアルタイムレイトレーシングに対応しています。他方、GTX 1660 TiはTensorコアとRTコアを搭載しておらず、リアルタイムレイトレーシングには対応していません。
またG3D Markのスコアが、RTX 2060がGTX 1080よりも高いのに対して、GTX 1660 TiはGTX 1070と同程度となっていることから、やはりRTX 2060のほうが性能面では大きくリードしています。

著者環境でのGTX 1660 Tiベンチマーク

実際にGTX 1660 Tiのベンチマークを計測してみました。
3DMark Time Spyで確認しています。

検証環境

検証に利用するPCはツクモ製G-GEARシリーズのデスクトップPCで、詳細は以下です。CPUは内蔵GPUが搭載されていないモデルになります。

項目
製品名(パソコン) ツクモ製G-GEAR GA5J-C181T/WE3
OS Windows 10 Pro
マザーボード Intel H370 ExpressASUSPRIME H370-A
CPU Intel Core i5-9400F2.9GHz x 6コア)
GPU GeForce GTX 1660 Ti6GB
メモリ 16GB DDR4-26668GB x 2)
保存領域 512GB SSD + 2TB HDD
ディスプレイ 製品名:LG34UC88-B

アスペクト比:21:9

解像度:UWQHD3440 x 1440

Windows システム評価ツールのスコア

3DMark Time Spyでのベンチマークを計測する前に、パソコン全体の性能を把握しておきます。

検証に利用するPCを、Windowsに標準搭載されたシステム評価ツールで計測した際のスコアは以下です。

D3Dスコアがゲームグラフィック性能になりますが、現状Windows 10では計測できないため、一律9.9で表示されます。

ディスクアクセスに関するスコアが若干低い以外は、概ね良好な性能です。

項目
CPUスコア 9.2
D3Dスコア 9.9Windows 10では測定不能なため、一律9.9になる)
ディスクスコア 8.15
グラフィックスコア 9.0
メモリスコア 9.2

3DMark Time Spyでのベンチマーク計測結果

実際に3DMarkのTime Spy(DirectX 12)でベンチマークを計測した結果、以下のような結果になりました。
なお、解像度はアスペクト比が16:9のWQHD(2560x1440)で計測されます。

【time-spy-score-in-wqhd.png】

グラフィックスコアに着目すると、フレームレートはテスト1で39.19FPS、テスト2で35.47FPSとなっており、30FPS以上のフレームレートが出ていることから、WQHDでも快適にプレイできそうです。

このスコアがどれくらい高いのか、オンラインでほかのユーザーの結果との比較により確認してみると、以下のように全体の51%よりも高いスコア、つまり上位49%という結果になりました。

【time-spy-score-compare-online.png / time-spy-score-compare-online-full-screen.png(どちらかお好きなほうをご利用ください)】

GTX 1660 Tiは買いか

GTX 1660 Tiはコストパフォーマンスに優れたGPUで、これからミドルクラスGPUを購入する方に大変おすすめです。

GTX 1070やRTX 2060の販売価格が4万円~5万円程度であるのに比べ、GTX 1660 Tiの販売価格は3万円~4万円程度で、約1万円程度安くなっています。
性能面ではGTX 1060よりも高く、GTX 1070と同程度です。

RTX 2060と比べると、ベンチマークスコアが低いこと以外では、TensorコアとRTコアを搭載しておらず、リアルタイムレイトレーシングに対応していない点がデメリットですが、現状レイトレーシングに対応しているゲームがあまりないので、大きなデメリットではありません。

最新のゲームを4Kなどの高解像度や120Hz以上の高フレームレートでプレイするならRTX 20シリーズがおすすめですが、フルHDやWQHD程度であればGTX 1660 Tiも十分な性能です。

総じてGTX 1060の後継機種として、またGTX 1070の代わりとして、性能・値段ともに優れたGPUですので、ミドルクラスGPUやミドルクラスGPUが搭載されたパソコンの購入をお考えの方は、ぜひ検討してみてください。

GTX1060Ti搭載のおすすめPC

GALLERIA XT

Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-9700
グラフィクス:GTX1660Ti 6GB GDDR5X
メモリ: 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ:512GB NVMe SSD/ 1TB HDD

119,980

 

スポンサーリンク
おすすめの記事