Intel H97チップセットについて 〜 チップセットの違い
スポンサーリンク

この記事ではIntel H97チップセットについて解説します。このチップセットはIntel9シリーズのZ97シリーズと同時に発表されました。Z97チップセットの主要なスペックや特徴を引き継ぎながら、オーバークロックやSLI/CrossFire非対応など一般ユーザー向けに機能を削いでおり、扱いやすい特徴を持ったチップセットです。

↓このサイトがおすすめするゲーミングPC

ゲーミングPC一覧

Intel H97の仕様解説

以下の表がIntel H97の仕様です。

 

対応CPU Haswell Refresh(LGA1150)サポート
対応メモリ DDR3-1600/1333(デュアルチャネルメモリ)
オーバークロック 非対応
PCI Express3.0 最大16レーン M.2対応 Gen.3対応
SLI/CrossFire 非対応
USB3.0ポート 最大6
USB2.0ポート 最大14
SATA3ポート数 6
RAID 0/1/5/10

Intel H97の仕様は以上です。

↓記事を参考にマザーボードを選ぶ

ドスパラのH97チップセット搭載マザーボード一覧

Intel H97の大きな違い

ではIntel H97と他のチップセットの違いを見てきましょう。

オーバークロック不要ならH97を選択

Intel9シリーズのH97とZ97チップセットの大きな違いのひとつは、オーバークロックへの対応で、H97は非対応となります。そのためオーバークロック対応を求める場合はZ97を選択して下さい。
ただしBIOSアップデートによりH97でもオーバークロックに対応できる場合があるマザーボードもあります。そのため、マザーボードを購入する際はこの点も確認しましょう。確実にオーバークロックをするのであればZ97が無難なのは言うまでもありません。

マルチGPU環境に非対応

同じIntel9シリーズのZ97がSLI/CrossFireに対応しているのに対して、H97は非対応です。

SATA ExpressやM.2ポートはマザーボードの仕様をしっかり確認

Z97チップセットと同様にSATA ExpressやM.2に対応してしますが、すべてのポートが使えるわけではありません。
使えるポートはマザーボードメーカーによって異なりますから、この点を考慮してマザーボードを選んでください。

スポンサーリンク

Intel H97のその他の特徴

9シリーズで安く済ませるならH97

H97チップセットはZ97チップセットからオーバークロック、SLI/CrossFire、Dynamic Storage Accelerator機能が取り除かれています。他のスペックはZ97と同様ですから、購入を検討する場合はこれらの機能が必要か否かを考慮してマザーボードを決める手段もあります。
機能が取り除かれている分安価に済ませることが可能なため、予算と要求スペックを考慮してください。

↓記事を参考にマザーボードを選ぶ

ドスパラのH97チップセット搭載マザーボード一覧

まとめ

H97チップセットはZ97の機能を簡素化したチップセットです。オーバークロックやマルチGPU環境などが必要なければ、H97チップセットで十分なユーザーも多いでしょう。
LGA1150ソケットのCPUに対応していることから選択できるパーツも豊富ですし、価格面からもハイエンドマザーボードを求めない方、特に自作PC初心者にはうってつけのチップセットです。

↓このサイトがおすすめするゲーミングPC

ゲーミングPC一覧

スポンサーリンク
おすすめの記事