本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

前回ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【CPU編】ではストレステストソフト「OCCT」を使って初期不良が無いかチェックしました。

今回は内蔵ストレージ(SSD,HDD)に注目して、PC購入後に確認しておきたい事、チェックしておきたい事を説明します。

「CrystalDiskInfo」を使用したSSD,HDDの「健康状態」確認

※CrystalDiskInfoのインストール方法については、こちらの記事をご覧ください→SSDやHDDの健康状態をチェックするソフトウェア「CrystalDiskInfo」のダウンロードとインストール方法

ここでは、CrystalDiskInfoを使用して、内蔵SSD,HDDの健康状態を確認します。

1. [スタートメニュー]から[CrystalDiskInfo]→[CrystalDiskInfo]をクリックして、CrystalDiskInfoを起動します。
SSDの情報表示例です。SSDのメーカー名、型番、容量が表示されていますので、自分が注文した構成と違いが無いか確認しましょう。
また、健康状態が「正常」かどうかを確認してください。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

2. ドライブメニューで、情報を表示したいディスクをクリックして選択します。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

3. HDDの情報表示例です。HDDのメーカー名、型番、容量が表示されていますので、自分が注文した構成と違いが無いか確認しましょう。
また、健康状態が「正常」かどうかを確認してください。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

※健康状態が「注意」「異常」の場合は、SSD,HDDの初期不良や故障が考えられます。
PCメーカーのサポートに、「CrystalDiskInfoというソフトで注意の警告が出る」などの旨を伝えて相談をしましょう。

「Data LifeGuard Diagnostic for Windows」を使用した動作テスト

※Data LifeGuard Diagnostic for Windowsのインストール方法については、こちらの記事をご覧ください→SSD/HDD検査ソフト「Data LifeGuard Diagnostic for Windows」のダウンロードとインストール手順

ここでは、Data LifeGuard Diagnostic for Windowsを使用して、以下のテストを行います。
・QUICK TEST(簡易テスト)
・EXTENDED TEST(全領域の読み込みテスト)

1. [スタートメニュー]から[Western Digital Corporation]→[Data LifeGuard Diagnostic for Windows]→[Data LifeGuard Diagnostic for Windows]をクリックして、Data LifeGuard Diagnostic for Windowsを起動します。

Data LifeGuard Diagnosticは、起動時にライセンスへの同意画面となりますので、「I accept this License Agreement」にチェックを入れ、「Next」ボタンをクリックします。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

2.Data LifeGuard Diagnosticが起動します。接続されているSSD,HDDのSMART StatusがPASSになっていることを確認してください。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

3.テストを行いたいドライブをダブルクリックすると、実際のテストを行うための選択画面が表示されます。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

4.選択画面から「QUICK TEST」を選択し、「Start」ボタンをクリックします。

メッセージが表示されます。可能な限り開いているソフトやウィンドウなどを閉じて、「OK」ボタンをクリックします。

ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

5. QUICK TESTが始まります。プログレスバー付きのウインドウが表示されます。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

6. 数分間待つとQUICK TESTが終了します。
緑のチェックマークが表示されると、テスト完了「正常」となります。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

7.「Close」ボタンをクリックすると、選択画面へ戻ります。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

8.次に、「EXTENDED TEST」を行います。
EXTENDED TESTはSSD,HDDの全領域について読み込みテストを行いますので、時間がかかります。
大容量のHDDでは数時間かかりますので、時間の余裕がある時にテストすることをおすすめします。

選択画面から「EXTENDED TEST」を選択し、「Start」ボタンをクリックします。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

9. プログレスバー付きのウインドウが表示されますので、EXTENDED TEST終了までお待ちください。
緑のチェックマークが表示されると、テストは完了し「正常」判定となります。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

EXTENDED TESTでエラーになった場合は、記憶領域の一部が破損している事が考えられます。
早めに必要なファイルのバックアップを取り、PCメーカーのサポートに、「HDDの全領域読み込みテストでエラーが出る」などの旨を伝えて相談をしましょう。

10. QUICK TEST、EXTENDED TEST共に問題無くPASSした場合、お使いのSSD,HDDは正常です。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

11. 「VIEW TEST RESULT」を選択し、「Start」ボタンをクリックすると、テスト結果の詳細が表示されます。
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】

以上で、Data LifeGuard Diagnosticを使用した、QUICK TEST、EXTENDED TESTは完了です。

まとめ

今回は、CrystalDiskInfoを使用したSSD,HDDの健康状態確認と、Data LifeGuard Diagnostic for Windowsを使用した動作テストについて説明しました。

SSD,HDDの故障判定方法として、ぜひ参考にしてくだいね

 


【関連記事】
ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【CPU編】

このページは「ゲーミングPC購入後に確認、チェックしておきたい事【SSD,HDD編】」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。