本気で勝ちたいゲーマーにおすすめのゲーミングPC・ゲームパソコン

ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの ①機材準備

ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備

e-スポーツが盛り上がりをみせる今、自分もゲームの実況配信をやってみようかなとお考えのゲームユーザーも多いのではないでしょうか。
ですが、実況配信する為にはどんな機材が必要となるのでしょうか?
スマホだけで気軽にはじめることも可能ですが、いつも見ているような人気配信者の動画は、大体が幾つかの機材を組み合わせて作られています。

こだわればこだわる程クオリティの高い動画を作ることができますが、今回はこれからゲームの実況配信を始めようと考えている方向けに、揃えておくことをお勧めしたい機材を紹介していきます!

必要な機材

パソコン

ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備 ※実況配信におすすめのPC「ガレリアXV」
ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備
スマホだけでも実況配信は可能ですが、スマホ単体ではゲーム音を拾うことも難しく、またスマホで据置型ゲーム機の実況配信を行うことは非常に難しいのが現状です。
その為、実況配信&動画編集はPCで行いましょう

キャプチャーボード

ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備 ※実況配信におすすめの外付けキャプチャーボード「AVerMedia GC553 」
ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備キャプチャーボードとは、据置型ゲーム機のPS4やSwitchのゲーム画面をPCに映し出し、録画する為の機器です。
実況配信したいゲームが据置型ゲーム機の場合に必要となります。
※実況配信したいゲームがPCの場合は不要です。

携帯型ゲーム機のPS Vitaについてですが、PS Vita対応ソフトはPS Vita TVを用いる方法があります。
しかし、PS Vita TVの対応ソフト数が少ない為、実況配信できるソフトに限りがあります。
3DSは実況配信可能ですが、本体を改造しPCとUSB接続できるようにしなければなりません。改造自体は、改造を代行しているショップに依頼することができますが、改造を行うと任天堂のサポートを受けることができなくなりますので注意してください。

マイク

ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備※実況配信におすすめのマイク「Razer Seiren Elite 」
ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備
実況配信に自分の声を入れたいのであれば、マイクが必要となります。人気を集めているゲーム動画は、配信主の生の声が入っているものがほとんどです。
ノートPCやWebカメラに付属している内臓マイクでは、マイクの位置が遠い場合が多く、雑音が入るといった音質に関する課題が多い為、必ずマイク単体で用意しましょう。

カメラ

ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備 ※実況配信におすすめのWEBカメラ「Logicool C920R」
ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備
実況配信に声に合わせて自身の姿を映す場合には、カメラが必要です。
スマホやタブレットのカメラで録画して、PCに録画した動画を取り込んで編集するというのも手ですが、ライブ配信を行うにはWebカメラの方が適しております。
また、Webカメラであれば、キャプチャーソフトにゲーム画面と一緒に映し、自分がどんな風に撮れているか確認しながら録画することも可能となります。
画質はピンキリですが、スマホで撮るよりもきれいに撮ることができるものもあります。編集や勝手を考えると実況配信にはWebカメラが適しております。

キャプチャーソフト


ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備
ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備 ※おすすめの高性能動画キャプチャーソフト「Bandicam」
ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備
録画する為のソフトがキャプチャーソフトです。
キャプチャーは2種類あり、PCゲームを録画する為のソフトと、据置型ゲームなどを外部接続でPCのモニターに映し、その画面を録画するソフトがあります。実況配信するゲームのハードに合わせてソフトが必要となります。
上に紹介しているキャプチャーソフト「Bandicam」はどちらも対応していて初心者にも扱いやすいキャプチャーソフトなのでおすすめです。

動画編集ソフト


ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備
ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備 ※おすすめの動画編集ソフト GOM Mix Pro
ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの  ①機材準備
実況配信する為には動画配信サイトへアップロードしなければなりません。
ですが、動画配信サイトによってアップロードサイズなどの仕様が異なりますので、動画配信サイト毎に仕様を合わせる為、動画編集ソフトが必要です。
また、動画に字幕やエフェクトを追加、不要なシーンをカットすることが可能です。

ライブ配信のみ行う予定であれば、動画編集ソフトは不要となります。

まとめ

必要な機材が多く、敷居を高く感じてしまった方もいるのではないでしょうか。
ですが、実況配信に必要なキャプチャーボード、マイク、カメラがセットになったオールインワンタイプのキットも販売されておりますので、難しく捉える必要はありません。
また、既に実況配信をされている方でも使用している機材を紹介してくれている人もおりますので、音質や画質が良いなど気になる動画があれば使用している機材を確認するのも参考になることでしょう。
次回は実況配信の要となるPC選びについて説明していきます!

次回→ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの ②PC選びのポイント

このページは「ゲーム動画を実況配信する方法・必要なもの ①機材準備」のページです。本気で勝ちたいゲーマーに向けて、主にDOSPARA(ドスパラ)の勝てるゲーミングPC(パソコン)の紹介や、ゲーミングPCのパーツの解説をしています。適切なBTOパソコンを選び、勝利を掴みたい人を応援するサイトです。